楽天市場

2020年11月08日

おうちでプロジェクションマッピング

タカラトミーから、家庭で手軽にプロジェクションマッピングが楽しめる玩具「おうちでプロジェクションマッピング ワンダービューシアター/ディズニーキャラクターズ」が発売になるそうです。

 
 こちら >> タカラトミー TAKARA TOMY マジカルプレイタイム おうちでプロジェクションマッピング ワンダービューシアター楽天市場


本体には “お城の形をした” 専用のマッピングボードがセットになっています。

 

このお城に向かって映像を投影することで、ディズニーのプロジェクションマッピング映像を “立体的に” 楽しむことができるという仕組みです。


 


音楽と映像がリンクしたプロジェクションマッピング映像は、「美女と野獣」「アナと雪の女王」など、全部で13種類です。


 


しかも、これらの映像の制作は、「東京駅プロジェクションマッピング」を手がけた、日本トップクラスのクリエイティブ・カンパニー『NAKED,INC.(ネイキッド)』だと言うのですから、かなり期待 できそうです。


 


プロジェクションマッピングの他にも、コントローラーを使いマッピングボードで遊ぶことのできる「知育ゲーム(20種類)」や


 ワンダービューシアター.png


就寝前に天井に投影して楽しむことのできる「おやすみムービー(12種類)」などが収録されています。

 


かなり盛りだくさんな内容です。


「知育ゲーム」や「おやすみムービー」など、小さな子どもをターゲットにした商品であることは間違いありませんが、高品質のプロジェクションマッピングが楽しめるなど、(小さな子どものいない)大人でも欲しくなってしまう商品だと思います。


posted by おは子 at 07:36| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

ネックスピーカー SRS-WS1

『王様のブランチ(買い物の達人)』で、「ネックスピーカーが欲しい」というジャングルポケット太田さんのリクエストに対し、ビックカメラ(新宿西口店)スピーカー売場の店員さんがお薦めしていた “ネックスピーカー ” がこちら


ソニーの「ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1」です。
 

 こちら >> SONY ソニー SRS-WS1 ウェアラブルネックスピーカー楽天市場


肩にのせることで、自分にだけ音が聞こえるようになるばかりでなく、小さな音量を “臨場感あふれるサウンド” に変えてしまうという、驚きのスピーカーです。

 

耳元近くの響きによる音圧が “空気の震え” を生み出し、ライブ会場のような “音場” を再現するそうです。

 SRS-WS1_01.png


具体的には、スリット(開口部)から放射状に回りこむように音が広がり、さらに、スロープ形状のディフューザーの組み合わせにより、音を前後方向に広げ、立体的に響かせているとのこと。

また、スピーカー下部に配置された調音ダクトが余分な共鳴を抑え、音の特性が均一になるため、よりクリアな音質となっています。


  


さらに私が気に入ったのは、左右それぞれのスピーカーに取り付けられた「パッシブラジエーター」と呼ばれる “低温を増強する振動板” の存在です。


 SRS-WS1_02.png


この振動板があることで、“耳に入る音” と “振動” が一体となって身体に伝わり、さらに臨場感は高まるそうです。


音楽ライヴ映像を観るときや、ゲームをプレイするときなど、大いに役立つ(楽しめる)機能に違いありません。


振動の強さを3段階(強・中・弱)に調整できる点も素晴らしいと思います。


 
posted by おは子 at 16:51| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

ほぼ日のアースボール

「ほぼ日のアースボール」という “地球儀” が発売になりました。

 
 こちら >> ほぼ日 アースボール文具・文房具のKDM 楽天市場支店


開発・発売元は、「ほぼ日手帳」でお馴染みの『株式会社ほぼ日』。


この地球儀は、色付けもされておらず、国名などの表記も無く、“宇宙から見たまんまの地球” の形をしていることが、大きな特徴になっています。


 


「ほぼ日のアースボール」から “地球儀” としての情報を得るためには、専用のアプリをダウンロードしたスマホやタブレットをかざす必要があります。
 
すると、タブレット(スマホ)内のアースボールに、AR(拡張現実)技術による様々な情報が映し出されるのです。


 ほぼ日アースボール.png


(タブレット内の)アースボールをタッチすることで、さらに詳しい情報を手に入れることもできます。


 


現在、利用できるコンテンツは

 ■ いまの地球
  :全世界の雲、雨、気温の分布をリアルタイムで見ることができます。

 ■ 一週間の地球
  :1週間にわたる世界の雲、降水量、気温の変化を動画で見ることができます。

 ■ 世界の国々
  :世界各国の基本情報を知ることができるコンテンツ。

 ■ 夜の地球
  :宇宙から見た、夜の地球の姿。

 ■ 地球図鑑
  :世界各地のランドマークや歴史を、写真やテキストで知ることができます。

 ■ 小学館の図鑑NEO[新版]恐竜
  :小学館の図鑑NEO[新版]恐竜から、50種の恐竜を紹介します。

 ■ でこぼこ地球
  :地上の地形を実際の100倍程度に強調して立体的に表現しています。

 ■ すいきんちかもくどってんかい
  :アースボールが太陽系の惑星に大変身!惑星の大きさくらべもできます。

などなど、全部で19コンテンツが用意されているそうです。
 
現在、“地球儀が置いてある家庭” は、とても少なくなってきているように感じます。
 
しかし、こういった今までにないタイプの地球儀が開発されることで、再び、地球儀、そして地球そのものが注目され、“一家に一台” 地球儀が置いてある日がやってくるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほぼ日 アースボール セカンドモデル 地球儀 硬い 45072
価格:3960円(税込、送料別) (2020/11/5時点)


posted by おは子 at 08:58| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする