楽天市場

2020年06月23日

ヒオリエ ビッグフェイスタオル

今、「ヒオリエ ビッグフェイスタオル」というタオルが、大人気なのだそうです。


 

 楽天shop >> タオル直販店 ヒオリエ/日織恵


ヒオリエ(日織恵)は、大阪「泉州タオル」のメーカーです。

この「泉州タオル」の特徴は、下ろしたてからの “抜群の吸水性” の良さにあります。


その中でも、梅雨のこの時季に人気なのが、「ビッグフェイスタオル」のシリーズとのことです。


 ヒオリエ_ビッグフェイスタオル.png


人気の理由は、タオルの大きさにあります。

商品名からもお分かりのように、このビッグフェイスタオルは、フェイスタオルにしては通常のものよりはるかに大きく、“バスタオルよりはひと回り小さい” サイズになっています。

 ヒオリエ_ビッグフェイスタオル_サイズ.png


そして、この大きさが

 @ 乾きやすい
 A 拭きやすい
 B 干しやすい

と、大人気なのです。


ビッグフェイスタオル(シリーズ)は、“速乾性” に優れた「デイリータオル」と


 


ボリュームがあり、“吸水性” に優れた「ホテルスタイルタオル」とがあります。


 


なお、「タオル直販店 ヒオリエ/日織恵(楽天市場店)」で購入すると、お一人様2枚までは “お試し価格” となり、

 ■ デイリータオル    ⇒ 1枚500円
 ■ ホテルスタイルタオル ⇒ 1枚680円

で購入できるそうです。


 こちら >> お試し デイリータオル ビッグ フェイスタオル 初回限定価格
     >> お試し ホテルスタイルタオル ビッグ フェイスタオル 初回限定価格


身体全体が拭ける大きさでありながら

 ・部屋干しでも場所をとらず
 ・洗濯量も減る

と、梅雨のこの時季に大人気の「ヒオリエ ビッグフェイスタオル」


この大きさのタオルに慣れてしまうと、梅雨明け後も、もうバスタオルは要らなくなってしまうかもしれませんね。


ラベル:タオル 梅雨 速乾
posted by おは子 at 16:36| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

折りたたみ バックプロテクト アンブレラ

昨年の今頃、「今年(昨年)のトレンドとなる進化系傘」というものを、この日記で紹介させていたいたことがあります。


 昨年の記事はこちら >> 今年のトレンド 傘


その中で、個人的に、とても気になった傘が、『Wpc.』の「バッグプロテクトアンブレラ」と言う傘でした。

 

傘を開くと、「傘の一部が伸びて長くなり、背中に背負ったバックパックが雨に濡れるのを防いでくれる」という画期的な傘です。


  バッグプロテクトアンブレラ


結局、この傘はいまだに購入してしない(試していない)のですが、

先日、日本テレビの『シューイチ』を観ていたところ、“東急ハンズのおすすめ梅雨グッズ(傘)” ということで、同じ構造の “折りたたみ傘” が紹介されていました。


 

 こちら >> hands+ バックパックを守れる折傘東急ハンズ 楽天市場店


商品名は違いますが、明らかに同じ構造です。

「傘の一部(骨)が伸びるという構造上、折りたたみ傘は無理だろう」と思っていたので、軽いショックを覚えました。


そして、「ひょっとして、Wpc. でも折りたたみを販売しているのでは?」と思い、『折りたたみ バックプロテクト アンブレラ』で検索してみたところ、思った通り “折りたたみ傘版” の「バックプロテクトアンブレラ」も販売になっていました。
 
  こちら(楽天市場) >> 折りたたみ バックプロテクト アンブレラ


しかも、本家本元(?)の “Wpc. 製” だけに、東急ハンズ版には無い工夫も施されています。


まず、第一に「持ち手が斜めにカットされている」こと

 
こうすることで、「 “骨の長い部分” が、今どちら向きにあるのか」が、傘を回してみなくても確認できるのです。


 折りたたみバックプロテクトアンブレラ.jpg


さらに、傘生地の内側には、傘の収納袋が納められるポケットまでが付いています。


 


傘の収納袋は、カバンに入れたつもりで失くしてしまうことが多いので、これは便利です。


実は、私はつい先日、新しい折りたたみ傘(軽量&耐強風タイプのもの)を買ってしまったばかりなのですが、それでも是非、候補に入れておきたい傘です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

hands+ 
バックパックを守れる折傘 55cm グリーン×ネイビー

価格:3740円(税込、送料別) (2020/6/18時点)


posted by おは子 at 08:02| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

リュックで背中が蒸れない メッシュファンパネル

暑い夏の日に、リュックで背中が蒸れないようにする「メッシュファンパネル(MESH FAN PANEL)」というアイテムが、イデアインターナショナル(ブルーノ)から発売されたそうです。


 

 こちら >> 【公式】 BRUNO ブルーノ MILESTO UTILITY メッシュ ファン パネル

自分の背中とリュックの間に入れる “メッシュ状のパネル” で、背中とリュックの間に空間が確保されるので、背中の “蒸れ” の防止になるのです。


 


さらに、“クッション性がアップする” という効果もあり、こうしたメッシュパネルは、実は、各社からいろいろなタイプのものが発売されています。


  

 (MV9203 エアメッシュパネル MINERVA


しかし、今回発売となった「メッシュファンパネル」には、“他社には無い” ユニークなアイデアが盛り込まれています。


 milesto_fanpanel.png


商品名に「ファン」とあることからも想像がつきますが、背中とリュックの間に空間を確保するだけでなく、そこに扇風機(ファン)の風を送り込むことが出来る仕様になっているのです。


 


使い方は簡単で、このように市販のハンディファンをパネル本体に取り付けます。


 


また、リュックでなく椅子の背もたれに取り付ければ、着席時(仕事中)の背中の蒸れを解消するようにも使えます。


これは、随分と思い切ったアイデアだと思います。


たしかに、従来のメッシュパネルに比べると、蒸れの防止効果は高く、直接背中に風が当たるので “かなり涼しい” に違いありません。


気になることは、ただひとつ、
「ハンディファンが背中に当たったりしないだろうか」ということです。


ふだんは、ただのメッシュパネルとして使い、「いざというときに、手持ちのファンを取り付けることもできる」ぐらいの気持ちがちょうどよいのかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーノ ポータブルミニファン BRUNO PORTABLE MINI FAN
価格:2530円(税込、送料別) (2020/6/10時点)


posted by おは子 at 22:24| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする