楽天市場

2019年11月02日

ワークマン

『日経トレンディ』の「2019 ヒット商品ランキング」が発表になりました。


第1位は、タピオカを第2位におさえて、まさかの(?)「ワークマン」でした。

 ワークマン.jpg

 こちら >> ワークマン


ワークマンは、作業服・作業用品の専門ショップです。

その “作業服店” が昨年あたりから注目されはじめ、ついに今年の “ヒット商品” 第1位となりました。


『日経トレンディ』の説明には次のようにあります。

【1位】ワークマン
職人向け作業服店が、見せ方一つでアウトドアショップに変貌。19年8月の売上高は前年比で約60%伸び、店舗数はユニクロ超え
(「2019年ヒット商品ランキング:日経クロストレンド」より)


作業服の持つ “機能性” がアウトドアグッズ、あるいは防寒着として注目されての第1位ということですが、ここには、昨年オープンした「ワークマンプラス」の存在も多分に関係しているようです。


 こちら >> ワークマンプラス | ワークマン


ワークマンプラスは、作業服としての機能性に、さらに “ファッション性” を加えて、普段着として着られるようにデザインしたものを販売するショップです。

ワークマンが運営する “ファッション専門店” と言えばよいでしょうか。


そして、昨年末に発表となった『日経トレンディ/2019年ヒット予測』では、
実は、この「ワークマンプラス」が、“第1位” に選ばれていました。


 

 こちら >> 日経トレンディ 2018年12月号【電子書籍】


「〜プラス」の方は、まだ店舗数が少ないこともあり、第1位に選ばれたのは「ワークマン」の方でしたが、

『日経トレンディ』の予測は、ほぼ当たっていた ことになります。


(ちなみに、ワークマンプラスの商品は、ワークマンでも購入できるそうです。)


つまり、今年発表の『日経トレンディ/2020年ヒット予測』をおさえておけば、来年度のヒット商品も(ほぼ)先取りできると言えます。


 

 こちら >> 日経 TRENDY (トレンディ) 2019年 12月号 [雑誌]
     >> 日経トレンディ 2019年12月号 【電子書籍】


これは、要チェックですね。


ちなみに、「2019 ヒット商品ランキング」のトップ3は以下の通りです。

 第1位:ワークマン
 第2位:タピオカ
 第3位:PayPay


個人的には、やはり第1位が「ワークマン」というのは意外でした。
(第2位、第3位はうなずけますが。)


『日経トレンディ』の予想、さすがです。


 
posted by おは子 at 15:33| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

ナイキシューズ マラソン界で論争に

気になる記事を見つけました。

 今月に入ってマラソン界では記録的なタイムが立て続けに生まれているが、ハイテクシューズが及ぼす効果が論争の的になっている。
 12日には男子のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がウィーンで行われた特別レースで1時間59分40秒をマーク。人類史上初となる2時間切りを達成した。
 さらにその翌日に行われたシカゴ・マラソンでは、女子のブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の世界新記録で優勝。ポーラ・ラドクリフさん(英国)が持っていたこれまでの世界記録を16年ぶりに更新した。コスゲイのタイムは従来の記録より81秒も速かった。
 キプチョゲとコスゲイはともにナイキ社が特別にデザインした靴を使用。これにはパフォーマンス向上につながる「バネのようなメカニズム」をもたらすとの批判の声も上がっている。
(「記録更新続くマラソン、ハイテクシューズが論争の的に - ロイター」より)


ナイキ製のシューズを履いたフルマラソン選手が、軒並み記録を更新して、“マラソン界で論争” になっているというのです。


 エリウド・キプチョゲ.jpg

 こちら >> https://youtu.be/MoxFkJlVZlA


「ハイテクシューズの力を借りて記録を更新することが果たして良いものかどうか」という問題もありますが、


私が気になったのは

 「そのナイキシューズは、何というモデルか」

ということです。


調べてみると、ナイキ社が多くのマラソン選手に提供しているシューズは「NIKE ZOOMX VAPORFLY NEXT%(ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%)」というモデルで


 こちら >> 【NIKE公式】ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%


エリウド・キプチョゲが履いていたのは、そのモデルの後継モデルとのことです。


 エリウド・キプチョゲ_ナイキシューズ.jpg
 (画像「日本一早いマラソンレポート「INEOS 1:59 Challenge」 」より)


厚底のヒールが特徴で、後継モデルは、さらに一歩先を行く “超厚底” とのことです。

キーワード:



もちろん、このシューズを履いた誰でもが、足が速くなるわけではありません。


しかし、

一度、履いてみたいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイキ ZoomX Vaporfly Next% Running Shoes ユニセックス
価格:48560円(税込、送料別) (2019/10/22時点)


posted by おは子 at 16:59| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

ミスターミニットがスニーカー修理を開始

駅側、あるいは駅構内などでよく見かける靴とバッグの修理店「ミスターミニット」


 MisterMinit.png

 こちら >> 靴とバッグの修理店 | [全国に約300店]MISTER MINIT


そのミスターミニットが、スニーカー修理のサービスを開始したそうです。

 MisterMinit_menu.jpg


これは、嬉しいですね。


お願いできるサービス(修理)は以下の通り

 @ 靴底の張替え

  靴底張り替え

 A カカトの修理

  カカトの修理

 B つま先の修理

  つま先の修理

 C 履き口の修理

  履き口の修理


その他、スニーカーのクリーニングなどもお願いできるようです。


スニーカーは、毎日同じものを履いて歩くことが多いので、踵のすり減りが、他の靴に比べて断然早いです。

そして、踵がすり減ったスニーカーは、ほとんどは修理されることなく、そのまま可燃ゴミとして捨てられてしまいます。


しかし、履き慣れているだけに、できれば捨てずにそのまま履き続けたいものです。

自分で修理できる補修材なども販売されていますが、部品がピッタリとはまらずに、綺麗に修理できないことが難点です。

 
  ▸ かかとタフ いろいろな履物に対応!簡単スピード修理


その点、ミスターミニットに任せれば、安心できそうです。


ただし、修理の内容によっては、即日修理ではなく “お預かり” になることもあるそうです。


料金は、カカトの修理で1,500円〜(両足)、靴底まるごと張替えでも4,000円〜(両足)ということですから、買い換えを考えると断然安いと思います。


何と言っても、履き慣れた靴をそのまま履き続けることができるのが嬉しいです。



posted by おは子 at 15:25| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする