楽天市場

2020年11月21日

hyascent 砂時計型ディフューザー

『王様のブランチ』を観ていたところ、『hyascent(ハイアセント)』社の “ちょっと変わった” セントディフューザー(ルームフレグランス)が登場してきました。


 

 こちら >> セントディフューザー 180mL (CALIFORNIA CHILL)Amazon


フレグランスオイルと容器(ディフューザー)がセットになった商品です。


 hyascent_02.png


ディフューザーを組み立てると、このように “砂時計型” になります。


   hyascent_01.png


使い方も砂時計と同じで、このように、ひっくり返して使います。


   hyascent.png


すると、真ん中の “木の部分” 「Wood Core(ウッドコア)」にフレグランスオイルがしみ込んで(しみ出して)、香りを拡散するのだそうです。


これは、なかなか良いアイデアです。


よくあるスティック式のものとは違い、

 ・フレグランスオイルの節約になる
 ・倒したときの心配がない
 ・中に埃が入り込まない

などといったメリットがあります。


フレグランスオイルの香りも何種類か用意されているそうです。

 ・セントディフューザー 180mL (CALIFORNIA CHILL)
 ・セントディフューザー 180mL (BLISS ME)
 ・セントディフューザー 180mL (BRIGHT YOU ARE)
 ・セントディフューザー 180mL (CHEEKY ROSE)
 ・セントディフューザー 180mL (HIP TO THAT)
 ・セントディフューザー 180mL (BOURBON JOY)
 ・セントディフューザー 180mL (FRESH UP)
 ・セントディフューザー 180mL (WHISPER LOUDLY)


「WHISPER LOUDLY(大声でささやく)」など、名前からはどのような香りなのか想像つかないものもあり、一度、試してみたくなります。

 

posted by おは子 at 17:18| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

サンワサプライ モニター裏収納ラック

サンワサプライが、モニター裏のスペースを有効活用できる「モニター裏収納ラック(200-STN045〜048)」というアイテムを発売したそうです。


  


 こちら(サンワダイレクト楽天市場店
   >> モニター裏収納ラック 幅48.2cm 2段 22〜24インチ向け
   >> モニター裏収納ラック 幅48.2cm 3段 22〜24インチ向け
   >> モニター裏収納ラック 幅60cm 2段 27〜30インチ向け
   >> モニター裏収納ラック 幅60cm 3段 27〜30インチ向け


天板の形が、モニターの脚とぶつからない “凹型” になっており、壁に付けて設置することで、2段もしくは3段の収納ラックとして使用することができます。


 


棚板の大きさ(横幅)は、48.2cm(22〜24インチ用)と60cm(27〜30インチ用)が用意され、棚板の数(2段 or 3段)との組み合わせで選ぶことができます。

 


その他にも

 ・棚板の高さが5cmピッチで変えられる
 ・配線に便利なケーブルクリップ付き

   

など、PC周辺機器やAV機器の収納に “使い勝手が良い” ものとなっています。


 


思えば、現在の薄型モニターになる前までは、モニター(テレビ)の上のスペースを有効活用するアイテムが、多く販売されていたように感じます。

それが、薄型モニター(テレビ)となり、(上には置けないので)モニターのまわりには「物を置かない」ことを目指すようになったため、「モニター裏を活用する」という発想がなかなか生まれなかったのかもしれません。


随分ともったいないこと(有効スペースの非活用)をしたものです。


加えて、このラックを使用することで、モニター裏でごちゃごちゃになりがちな “配線ケーブル” もすっきりしそうなので、とても良いと思います。


posted by おは子 at 17:09| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

ふいご カッコー 4RH797SR

『リズム時計工業株式会社』が、連結2社と合併し『リズム株式会社(RHYTHM)』と社名を変更し、そして、新製品である「ふいご カッコー 4RH797SR」を発売したそうです。


 

 こちら >> ふいごカッコー 4RH797SR01/04 リズム楽天市場


毎正時になると、時計からカッコーが顔を出し、鳴き声で知らせてくれる
「カッコー時計」です。

14.6 × 10.7 × 18.5cm のコクパクトサイズで、掛け時計としても、置き時計としても使用できることが、ポイントのひとつになっています。



そして、もうひとつの “大きなポイント” が、シンプルなデザインながら、カッコーの鳴き声には、本格的な “和紙製蛇腹式ふいご機構” が採用されていることです。


 


『リズム(時計工業)』は、これまでにも幾つかの「カッコー時計」を発売してきました。


 

 【動画あり】カッコー時計 カッコーヴァルト 4MJ422SR06


 

 【動画あり】カッコー時計 カッコーパンキーR 4MJ221RH06


 

 【動画あり】カッコー時計 カッコーメイソンR 4MJ234RH06


アンティークなデザインのものが多く、そのため、それらのカッコー時計の鳴き声には、電子音ではなく、昔ながらの、やさしい「ふいごの音」を採用してきました。


 


「ふいご機構」は、楽器のアコーディオンと同じ原理で、ふいごのふたが開閉することで空気を送り、音を鳴らす技法です。


 


そして、そのふいごには日本伝統の “和紙” が使われているのです。


実は、この昔ながらのアナログな技法を用い、温もりのある音が楽しめるカッコー時計は、今では、リズム(時計工業)のカッコー時計のみとなってしまったそうです。


今回、新発売の「ふいご カッコー 4RH797SR」は、見た目は、現代の部屋にマッチする、かわいくてシンプルなデザイン(外観)をしています。

 

しかしながら、その “カッコーの鳴き声” は、とてもやさしく、懐かしいものです。


そのギャップにちょっとした驚きもあり、思わず微笑んでしまうことと思います。


posted by おは子 at 15:40| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする