楽天市場

2019年08月19日

砂切子

『所さん お届けモノです!』に “「砂切子」のグラス” というものが登場しました。


 砂切子.png
   (画像:「ル・ノーブル」より)


「砂切子」というグラス(技法)を、私ははじめて知ったのですが、「江戸切子」の一種なのだそうです。


江戸切子は、通常は直線的な模様をガラスに描いていきます。
 
そしてその一方で、面で削る「平切子(ひらぎりこ)」という技法もあります。

 平切子.png
 (画像:「note ――つくる、つながる、とどける。」より)


『所さん お届けモノです!』に登場したのは、この「平切子」の技法と「サンドブラスト」という加工技術を組み合わせた「砂切子」というものでした。

制作者は、江東区・清澄白河にあるガラス工房「GLASS-LAB(グラス・ラボ)」

商品名・キーワード:



「サンドブラスト」というのは、細かな砂をコンプレッサーの空気でガラスに噴射して模様をえがく技術です。
 

この「サンドブラスト」で描く細かな模様と「平切子」で生み出される “面” が組み合わさるとどのようになるか?

 砂切子.jpg

グラス底面の模様(サンドブラスト)が、側面(平切子)に映りこんで、“万華鏡” のような効果を生み出すのだそうです。


さらに、水(お酒)を入れることにより、屈折率が変わり、いろいろな表情を見せてくれる “魔法のようなグラス” とのことです。
 


GLASS-LAB の砂切子作品は、現在「さくら」「花火」「楓」の3種類があります。

「さくら」と「花火」は「ブランド洋食器の店ル・ノーブル」のネット通販でも購入できますが、人気商品のため、現在受注分の発送開始は11月下旬頃になるそうです。


こういうお洒落で高級なグラスをひとつは持ってみたいものですね。


  

posted by おは子 at 16:30| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

ひんやりクールチェア

Mag Cruise から、「ひんやりクールチェア」という “扇風機付きのアウトドアチェア” が発売になったそうです。


 

 こちら >> ひんやりクールチェア マグクルーズ ファン付き アウトドアチェア


500台限定での販売です。


シート背面にファンを内蔵した “アウトドア用の折りたたみチェア” になります。


 ひんやりクールチェア_01.jpg


ファンの直径は10cmで、腰部分を中心として背面部を冷やすとのこと。

ファンとシートの間には空間があるため、風は広範囲にわたって届くようです。


 ひんやりクールチェア_02.png


真夏の炎天下での “快適な座り心地” をサポートするチェアで、「夏の日差しは浴びたいけれども、暑いのはイヤだ」という人にお薦めです。


そして、給電は市販のモバイルバッテリーから行えるということですから、(個人的に)昨日紹介したアウトドア向けモバイルバッテリー「ソーラーモバイルバッテリー BTC04BK」との併用をお薦めします。


 昨日の記事はこちら >> ソーラーモバイルバッテリー BTC04BK


これで、夏フェス(野外フェス)を完璧に乗り越えられそうですね。


posted by おは子 at 12:59| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

Lyric Speaker Canvas

もう2年以上も前の話になりますが、「リリック・スピーカー」という “次世代型スピーカー” が発表になって、驚かされた記憶があります。
 
流れている楽曲の歌詞を、“音楽に合わせて” 透明パネルに表示させていく機能が付いたスピーカーでした。

しかも、ただテロップとして表示するのではなく、“弾んだり” “大きさを変えたり” など、曲調に合わせた演出までが施されているのです。


 


当時は、大手百貨店である三越伊勢丹が、数量限定で “予約販売” を行うというスタイルでの販売でしたが、その価格は “32万円以上” という “たいへん高価” なスピーカーだったのです。


「あのリリック・スピーカーは、今、どうなったのだろう」と気になって調べてみたところ、「Lyric Speaker Canvas」という新しいスタイルのリリック・スピーカーが発売されているのを発見しました。


 


新型は、まるでレコードジャケットのように薄く、コンパクトです。


 こちら >> Lyric Speaker Canvas リリックスピーカー キャンバス 歌詞を表示するスピーカー 新型 ボード キャンバスタイプ


それでいて、しっかりと音楽に合わせて歌詞を映し出してくれます。


 


価格は16万5千円と、まだまだ高価ですが、前作と比べると、実に “半分” にまで下がっています。


何と言っても、インテリアに馴染む “お洒落なデザイン” がとても良いです。


 


これは、かなり食指を動かされる製品です。


あとほんの少し、せめて一桁台まで価格が下がってくれれば、言うことないのですが・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lyric Speaker Canvas リリックスピーカー キャンバス
価格:178200円(税込、送料無料) (2019/6/4時点)


posted by おは子 at 15:54| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする