楽天市場

2021年02月16日

サンスター文具 Ninipie

フジテレビ『ノンストップ!』で、サンスター文具の「Ninipie(ニニピー)」というカラーペン(蛍光ペン)が紹介されていました。
 
『オテゴロ探偵』のコーナーで
「このペン先に隠されている秘密は何でしょう?」
という問題でした。

「蛍光ペン + ペン先に秘密」ということで、私はすぐに、ペン先が2色に分かれた「2トーンカラーマーカー」のことを思い出しました。


  2トーンカラーマーカー マークタス

  以前の記事はこちら >> 2トーンカラーマーカー マークタス


「ペン先に秘密があることで、“ある手間” がなくなる」というヒントにも合致しており、「100%間違いない!」と思っていたのですが、


正解は

 

「ペン先が、“マーカー” と “ニードルペン” に分かれた」蛍光ペン

でした。


 こちら >> Ninipie ニニピー ラインマーカー ペン ニードルペン楽天市場


 Ninipie.png


マーカーでラインを引いた後、ペンをくるりと反転させて、メモ書きを加えることができるのです。


 


想像のさらに先を行くアイデア(ペン先)でした。


「マーカーが邪魔で、うまく(ニードルペンで)小さな文字が書けないのではないか」とも思ってしまいますが、どうなのでしょうか?


その内、「2トーンカラーマーカー」と「ニニピー」が “頭とお尻” についた「ハイブリッド版マーカー」が発売になるかもしれません。


posted by おは子 at 17:23| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

1日分のゴミ袋

「1日分のゴミ袋」というアイテム(事務用品)が、今、売れているそうです。





“1日分のゴミ” がちょうど入る大きさの 使い捨てゴミ袋 です。


テレワークの影響で、リビングの隅などで仕事をする人が増えたため、需要が高まったのだとか。


■ シール付きで、デスクの端に貼って使える「貼るタイプ」と
 
 こちら >> カウネット1日分のゴミ袋 貼るタイプ楽天市場


■ 自立式の「置くタイプ」があります。


 1日分のゴミ袋.jpg


 こちら >> カウネット1日分のゴミ袋 置くタイプ楽天市場


「貼るタイプ」の方が邪魔にならなくて良いですが、長時間貼りっぱなしにすると、デスクがベタベタになるという欠点があります。

一方の「置くタイプ」の方は、デスクにあとが残る心配はないのですが、ちょっとしたことで倒してしまう危険があります。
(ゴミを入れる前ですと、風が吹いただけで飛んでしまいます。)


それでも、両者に共通して言える “良い点” は


  


袋に “柄” がデザインされていることです。

最近のゴミ袋は、ほとんど “透明” に近いので、(大きな)ゴミ袋に入れる前に、このような 1日分のゴミ袋(柄付き)に小分けしておくことで、「外からゴミの中身が見えにくくなる」というメリットがあります。


もちろん「毎回ゴミ箱までゴミを捨てに行かなくてよい」というメリットについては、言うまでもありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウネット1日分のゴミ袋 貼るタイプ 30枚入4691−2459
価格:238円(税込、送料別) (2021/2/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウネット1日分のゴミ袋 置くタイプ 30枚入4691−2466
価格:254円(税込、送料別) (2021/2/9時点)


posted by おは子 at 16:27| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

折りたためる手帳 TETEFU

『ユメキロック』の “折りたためる” 手帳「TETEFU(テテフ)」が、注目されているようです。


 TETEFU.jpg

 こちら >> 折りたためる手帳 TETEFU手帳・雑貨のユメキロック


TETEFU の最大の特徴は、“4つ折りタイプ” の「ハンカチのように折りたためる手帳」であることです。


 TETEFU_02.jpg


見開きA4サイズの大判ノートが、折りたたむことで、A6サイズのコンパクトな手帳になります。


そして、もうひとつの特徴として、上段と下段で別々のリフィル(中身)が使用できることが、挙げられます。


 TETEFU_03.jpg


「上段で月間スケジュールを確認し、下段で週間スケジュールを確認」
あるいは「月間&デイリー」「月間&月間」など、組み合わせは自由です。


 こちら >> 折りたためる手帳TETEFU マンスリー&ウィークリー 月間 週間 手帳
     >> 折りたためる手帳TETEFU マンスリー&デイリー 月間 1日1ページ
     >> 折りたためる手帳TETEFU マンスリー&マンスリー 月間


その他にも、羅線ノート・方眼ノート・白紙ノートなど、リフィルは全部で8種類が用意され、全6色のカバーと組み合わせることで、自分好みの手帳をカスタマイズすることができます。


 TETEFU_04.jpg

 こちら >> TETEFU 自由な組み合わせで自分仕様の手帳を作る


個人的には、こちらの特徴の方が大きいように感じます。

このように、月間と週間、あるいは月間とデイリーを同じページで見ることのできる手帳は、今までなかったのではないでしょうか。


また、折りたたみ方を変えれば、省スペースでの使用や、卓上カレンダーのように立てて使用することが可能な点も魅力です。


 TETEFU_05.jpg


本業・副業など、いくつもの仕事を持っている人にも良いのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TETEFU テテフ 手帳カバー 単品
価格:1380円(税込、送料無料) (2021/1/16時点)


posted by おは子 at 07:53| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

PLAY手帳

『いろは出版株式会社』の雑貨ブランド『AIUEO』から発売されている「PLAY手帳」というスケジュール帳が、今、注目されているそうです。


 


「PLAY手帳」のコンセプトは “毎日遊べる手帳” ということで、「ウィークリータイプ」と「マンスリータイプ」の2種類があります。


 こちら >> AIUEO 手帳 2021 ウィークリー PLAY手帳 プレイ手帳 as-w
     >> AIUEO 手帳 2021 マンスリー  PLAY手帳 プレイ手帳 as-m
       【いろはショップオンライン】|楽天市場


どちらにも共通して「マンスリーページ(スケジュールページ)」が用意されていますが

 

ウィークリータイプには「ウィークリーページ」

 

マンスリータイプには「ノートページ(2週間分)」

 

という日記やイラストを描くためのページ(カレンダーページ)が、それぞれに用意されていることが、違いになります。


 


そして、「PLAY手帳」の最大の特徴は、スケジュールページ以外に用意された
「遊べるコンテンツ」 にあります。

 
 


例えば、「PLAY WORD 60」というコンテンツでは

 @ 今週のお題をチョイス
 A お題に沿ったイラストをカレンダーページに描く
 B 1週間分描けたら該当するイラストを探し出し、色を塗る
 C 次のお題に進む

ということを繰り返します。


 PLAY手帳.png


毎週 “お題” が変わるので、飽きることなく「毎日使い続けることができる」というわけです。
 

この他にも

 ・番号順に点を結んでイラストを完成させる「Dot to Dot」
 ・あみだくじ
 ・NONOGRAM(数字パズル)
 ・クロスワード
 ・キャラクター練習帳
 ・折り紙メモ

など、14種類の「おまけページ」が付いているそうです。


“おうち時間” や “テレワーク” が増えた今、2021年のスケジュール帳には、このようなコンテンツ(遊び)が求められているのかもしれません。


この手帳を毎日、1年間使い続けると、かなりのクオリティの作品集(イラスト集)が出来上がることは間違いありません。


posted by おは子 at 17:52| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

からっぽペン

「からっぽペン」という文房具(ペン)があることを今日はじめて知りました。




 こちら >> 呉竹 インクカフェ からっぽペン ほそ芯楽天市場


その名の通り、インクの入っていない “空っぽのペン” です。


  からっぽペン.jpg


「からっぽペン」の発売元である Kuretake(呉竹)の別商品に「インクカフェ」という文具キット(インクキット)があります。


 

 こちら >> ink-cafe; おうちで楽しむ 私のカラーインク作り キット 呉竹


自分好みの(色の)インクを “自分で作る(調合する)” ためのキットで、「からっぽペン」は、そのインクを実際に使うための “道具(キットのひとつ)” でした。

 

ところが、あるマニアの方々(女子)からの
「からっぽペン」だけを売って欲しい
という熱烈なリクエストを受け、単体で発売することにしたのだそうです。

そのマニアの方とは、“万年筆のインクを集めるのが趣味” の
インク女子(インク沼)の方々
です。


 

 こちら >> 万年筆インク


そういう “沼” があることも、今日はじめて知りました。


「からっぽペン」は、インク瓶につけた綿芯をボディにセットするだけで、簡単にオリジナル(インクの)ペンを作ることができます。


 からっぽペンの作り方.jpg


この手軽さが、「自分の好きなインクのペンを作りたい!」という、インク女子の方々のニーズにぴったりマッチしたのでしょう。


 


発売当初(限定発売時)は、連日、午前中に完売していたのだそうです。


今は、おうち時間で、「自分だけのオリジナル文具を作る」ことがブームになっているそうです。


「からっぽペン」が完売する日が、再びやって来るかもしれません。


ラベル:ペン インク 呉竹
posted by おは子 at 17:36| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする