楽天市場

2020年09月27日

多角消しゴム ZIGZAG

サンスター文具から「多角消しゴム ZIGZAG(ジグザグ)」という、ちょっと変わった消しゴムが発売になるそうです。
 
 こちら >> 【サンスター】多角消しゴム ジグザグ原宿シャイン楽天市場店



おろし立ての(新品の)消しゴムが “消しやすい” のは、“カド” があるからです。

使い古して丸くなった消しゴムでは、消したい箇所を正確に狙うことはできません。



そこで、サンスター文具は、このような形状の消しゴムを作りました。
 
なんと、カドが45個もついた消しゴムです。



 ZIGZAG_01.png


1つ目のカド(赤色部分)が無くなっても、その隣りに、2つ目のカド(紺色部分)が出てきます。



 ZIGZAG_02.png


さらに、2つ目のカド(紺色部分)が無くなっても、3番目(緑色部分)、4番目(水色部分)と “新しいカド” が、次々と出てきます。



 ZIGZAG_03.png


このように反時計回りに(あるいは時計回りに)順番に使っていくことで、最大で45回の “カド消し” ができる計算になるのです。



 



よく考えたものです。

 

はじめのうちは、使いたい “カド” がうまく使えないかもしれませんが、慣れてくれば、いつまでも “快適な消し心地” が味わえることでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【サンスター】多角消しゴム ジグザグ S4216741★ZIGZAG★
価格:220円(税込、送料無料) (2020/9/26時点)


posted by おは子 at 07:39| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

ミニミニルーズリーフ

「ミニミニリーフ(ミニミニルーズリーフ)」という “文房具(コレクション)” が発売されるそうです。


 ミニミニルーズリーフ.jpg

 こちら >> マルマン ルーズリーフ 100周年 記念 限定 ミニミニリーフ A なつかしセットマルマン オンラインショップ


発売するのは、黄色と深緑の表紙が有名な「図案スケッチブック」で知られる文具メーカー『マルマン』


 
   (ぱーそなるたのめーる


実は、マルマンは、今年(2020年)が、“創業100周年” の年なのです。


そこで、創業100周年に因んで、今年は様々な「100周年限定グッズ」が発売されているのですが、その中でも、私が特に心惹かれたのが、本日発売となる、この「ミニミニルーズリーフ」です。


ご存知、誰もが知る「ルーズリーフ」の “極小サイズ版” です。
 
“縦86mm×横64mm” というサイズですので、 “極小サイズ” とは言え、しっかりと実用にも使えそうです。


さらに、(70年代に)多くの人が愛用した「do it yourself!」バインダーも “極小サイズ版” で発売されています。


  DoItYourSelf.png

 こちら >> マルマン バインダー 100周年 記念 限定 ミニミニ do it yourself!


他には、お馴染みの「図案スケッチブック」の “ミニミニ版” なども


 こちら >> マルマン 100周年限定グッズ楽天市場


「100周年限定グッズ」は、今年の5月に「第一弾」が発売され、本日発売となるのは「100周年限定グッズ第二弾」とのことです。


「懐かしいもの」から「新製品にしか見えないもの」などいろいろあり、見ているだけで楽しくなってしまいます。


posted by おは子 at 08:34| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

テプラ PRO MARK SR-MK1

キングジムから、テプラ(シリーズ)の新製品「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」が発売になるそうです。


 

 こちら >> KINGJIM(キングジム) テプラPRO MARK SR-MK1 ベージュ
     >> KINGJIM(キングジム) テプラPRO MARK SR-MK1 カーキ
      |南信堂 楽天市場店


Bluetooth接続により、スマートフォンで作成した内容を出力(プリント)することのできる “スマートフォン専用” のテプラです。


 TepraProMarkSR-MK1.png


「キングジムとしては初となるスマートフォン専用機種」との触れ込みですが、実は、キングジムからは、以前にもスマートフォン専用のテプラとして「テプラ Lite LR30」という機種が発売されたことがあります。


 こちら >> KINGJIM TEPRA テプラLite LR30 スマートフォン専用モデル

 


「専用アプリをダウンロードしたスマホで入力した内容をBluetooth接続により本体からプリントする」という仕様ですので、基本的な使い方は、今回の製品「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」とほとんど一緒です。


では、いったいどこが違うのでしょう?


一つめの大きな違いは、
4mmから24mm幅までの、“テプラPRO対応カートリッジ” が使用できる
ということです。


 TepraProMarkSR-MK1_02.jpg


以前の「テプラ Lite LR30」は、“専用の感熱テープ” を使用するタイプでした。

つまり、今回の新モデルでは、これまで(家で)使ってきた「テプラ PRO」のテープ(カートリッジ)が、そのまま使えるということです。


これは、大きいです。


そういう意味で、今回の「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」は
キングジム初のスマートフォン専用 “テプラ PRO”
と言えます。


また、アプリも新たに、スマートフォン専用アプリ「Hello」となりました。


 TepraProMarkSR-MK1_03.jpg


アプリが新しくなったことで、テンプレートが豊富になり、さらに、まとめ編集のできる「一括作成」の機能なども加わりました。

そして、「タイムラベル」機能という、これまでにない機能が加わったことが、
二つめの大きな特徴です。


   TepraProMarkSR-MK1_04.png


この機能は、「印刷したラベルに日時や曜日などを紐付けしてアラームを設定することができる」というものです。

例えば、毎週火曜日と決まっている『不燃ゴミ』のラベルと紐付けることで、ゴミの出し忘れなどを防ぐことができるとされています。


 TepraProMarkSR-MK1_05.png


今は具体例があまり思い浮かびませんが、各人の工夫次第で、“かなり効果的な使い方” が考えられる機能だと思います。


私自身、普段の生活でも、テプラを多く活用しているほうです。

しかし、使わないときは、デスクの引き出しにしまってあるので、使うときにいちいちACをつないでセッティングするのが面倒でした。


それが、このようにスマホ操作が可能になったことで、問題はほぼ解決します。


これから先、テプラは一気にこのスタイルに替わっていくのではないでしょうか。


posted by おは子 at 07:36| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする