楽天市場

2020年11月06日

ほぼ日のアースボール

「ほぼ日のアースボール」という “地球儀” が発売になりました。

 
 こちら >> ほぼ日 アースボール文具・文房具のKDM 楽天市場支店


開発・発売元は、「ほぼ日手帳」でお馴染みの『株式会社ほぼ日』。


この地球儀は、色付けもされておらず、国名などの表記も無く、“宇宙から見たまんまの地球” の形をしていることが、大きな特徴になっています。


 


「ほぼ日のアースボール」から “地球儀” としての情報を得るためには、専用のアプリをダウンロードしたスマホやタブレットをかざす必要があります。
 
すると、タブレット(スマホ)内のアースボールに、AR(拡張現実)技術による様々な情報が映し出されるのです。


 ほぼ日アースボール.png


(タブレット内の)アースボールをタッチすることで、さらに詳しい情報を手に入れることもできます。


 


現在、利用できるコンテンツは

 ■ いまの地球
  :全世界の雲、雨、気温の分布をリアルタイムで見ることができます。

 ■ 一週間の地球
  :1週間にわたる世界の雲、降水量、気温の変化を動画で見ることができます。

 ■ 世界の国々
  :世界各国の基本情報を知ることができるコンテンツ。

 ■ 夜の地球
  :宇宙から見た、夜の地球の姿。

 ■ 地球図鑑
  :世界各地のランドマークや歴史を、写真やテキストで知ることができます。

 ■ 小学館の図鑑NEO[新版]恐竜
  :小学館の図鑑NEO[新版]恐竜から、50種の恐竜を紹介します。

 ■ でこぼこ地球
  :地上の地形を実際の100倍程度に強調して立体的に表現しています。

 ■ すいきんちかもくどってんかい
  :アースボールが太陽系の惑星に大変身!惑星の大きさくらべもできます。

などなど、全部で19コンテンツが用意されているそうです。
 
現在、“地球儀が置いてある家庭” は、とても少なくなってきているように感じます。
 
しかし、こういった今までにないタイプの地球儀が開発されることで、再び、地球儀、そして地球そのものが注目され、“一家に一台” 地球儀が置いてある日がやってくるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほぼ日 アースボール セカンドモデル 地球儀 硬い 45072
価格:3960円(税込、送料別) (2020/11/5時点)


posted by おは子 at 08:58| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

ヤマハ Charlie

ヤマハが、「Charlie(チャーリー)」という “歌うコミュニケーションロボット” を発売するそうです。


 Charlie.jpg

 こちら >> 世界初、歌って会話する“ペット以上恋人未満”の“うたロボ” コミュニケーションロボット『Charlie(チャーリー)』 - ニュースリリース - ヤマハ株式会社


初音ミクに代表される、ヤマハの「ボーカロイド(VOCALOID)技術」、そして、「自動作曲技術(VOCALODUCER)」を最大限に活用した、ヤマハ独自のコミュニケーションロボットです。

Charlie は、こちらからの話しかけに対し、
ミュージカル調に “歌って” 返す
のだそうです。


その完成度(自然度)が気になるところですが、現在、公式ウェブサイトの方では、
Charlie のプロモーション動画が公開されています。

  こちら        ↓          ↓

 


これは、凄い ことです。

歌声が、今では聞き慣れた “ボーカロイド音声” というのも、逆に良いです。


果たして、本当に “ここまで自然な会話” が成り立つものなのかどうかは、実物を手にしてみないと分かりませんが、昨今のロボット情勢(トレンド)を見る限りでは、多分、本当なのだと思います。


ただ、個人的には、Charlie のキャラクター(デザイン)が、「もう少しかわいくても良かったかな」という不満もあります。

特に、“腕がない” ことが、とても気になります。


「Gatebox(逢妻ヒカリ)」のように、リアルに、初音ミクなどのボーカロイド・キャラクターを召喚してもおもしろかったかもしれません。


 Gatebox.jpg

 以前の記事を参照ください >> デジタルキャラクターと一緒に暮らす Gatebox


Charlie の発売は、2021年春を予定しているとのことですので、これから先、まだまだ幾つかのマイナーチェンジがあるかもしれません。

気になる方は、現在「モニターを募集中(約30名)」とのことですので、応募されてみてはいかがでしょうか。


 こちら >> Charlie - モニター募集|ヤマハ株式会社


応募資格は「日本国内在住の方」となっていますが、Charlie のターゲットが「仕事もプライベートも充実させたい働く女性」ですので、女性のほうが圧倒的に有利なことは、まず間違いないでしょう。


 


posted by おは子 at 17:03| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

サンワサプライ ハンディスキャナー 400-SCN059W

サンワサプライが、ハンディスキャナーの新製品「400-SCN059W」を発売しました。
 
 こちら >> ハンディ シートフィードスキャナーサンワダイレクト楽天市場店


このスキャナーの特徴は、“ハンディスキャナー” の機能と “シートフィードスキャナー” の機能の両方を兼ね備えている ことです。


 


ハンディスキャナーの多くは、“スキャンしたいものの上を滑らせることでデータ化する” 方式が採用されています。


 


この機能は

 □ ページの一部分だけをスキャンしたいとき
 □ スキャナーに挟み込めない分厚い本などをスキャンしたいとき

などに役立つものです。


と同時に

 □ まっすぐ滑らせることができない
 □ 一定速度で読み込ませられない

などの難しさ(問題点)があるのも事実です。


この点につき、「400-SCN059W」では、付属のドックと合体させることで、シートフィードスキャナー(オートスキャナー)としても使えるような改良がなされました。


  400-SCN059W.png


ドックに原稿を差し込むだけで、“自動読み取り” を行なってくれる機能です。


 


原稿は、A4サイズまで読み取り可能というのですから、ほとんどのビジネス文書に対応していると言ってよいでしょう。


 


しかも、その読み取りスピードが “意外と速い” のです。


 


さらに、スキャンデータをすぐに確認できる画面(ディスプレイ)が本体に搭載されていたりなど、使い勝手も良さそうです。


 


テレワーク等で

 □ 自宅にスキャナーが必要
 □ 多くの(持ち帰る)資料が必要

となったときに、きっと役立つアイテムだと思います。


posted by おは子 at 15:19| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする