楽天市場

2020年01月17日

AI搭載で撮り逃しのないカメラ OBSBOT Tail

AI搭載で、いつでも被写体を中央に捉える “撮り逃しのない” カメラ「OBSBOT Tail」が発売されているそうです。


   こちら >> OBSBOT Tail AIカメラ


台座(雲台)が360度回転し、カメラの角度も自動調整することで、被写体の動きを追いかけ、常にフレームの真ん中に “動く被写体” を捉えた動画が撮影できるとのこと。


 OBSBOT Tail


さらに、「構図を考え」「被写体の動き(尺度)を予測」し、カメラのズームと連動(コントロール)することで、“理想的な構図を作り出して撮影してくれる” というのですから、凄いです。


 


加えて、撮影の開始や停止など、基本的なコマンドは、手の動き(ジェスチャー)で指示することができるので、自らが被写体となっているときでも、いちいちカメラのところまで戻る必要がありません。


スポーツや武道、あるいはダンスなどの(一人)練習で、自分の動きを動画で確認したいときなどに活躍しそうな “画期的なアイテム” だと思います。


ラベル:カメラ 自動 AI
posted by おは子 at 11:25| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

懐中電灯にもデスクスタンドライトにもなるモバイルバッテリ DL-G508

ドウシシャのモバイルバッテリー「モテライト DL-G508」は、“懐中電灯にもデスクスタンドライトにもなる” モバイルバッテリーです。


 

 こちら >> ドウシシャ DL-G508 ルミナス モテライト モバイルバッテリー


通常は、長さ14.5cmのモバイルバッテリー(4400mAh)です。


   DL-G508.png


そして、LEDライトが搭載されているため、懐中電灯(ハンディライト)として使用することもできます。


 


さらには、LEDライトヘッドを延ばし回転させることで、卓上用のデスクスタンドライトにもなります。


 


これは、今まで “ありそうでなかった” 機能ではないでしょうか。


その上、さらに


 DL-G508_01.png


「スマートフォンスタンド」としても使える機能まで備えているとのこと。


これは素晴らしいです。


ついつい人に、自慢してしまいそうです。


posted by おは子 at 15:43| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

ビデオテープを簡単にデジタル化する 400-MEDI029

サンワサプライから、ビデオテープを簡単にデジタル化することができるアイテム(ビデオキャプチャー) 「400-MEDI029」 が発売になりました。

 
 こちら >> ビデオキャプチャー アナログ動画をデジタル化サンワダイレクト


このアイテムの良いところは、パソコンなどを使わずに、直接ビデオデッキに本体を接続してビデオキャプチャーが行える点にあります。

本体には、モニターも付いているので、テレビすら必要ありません。


 


また、ボタンを押すことにより録画(デジタル化)が始まるので、ビデオテープ一本を丸々デジタル化する必要もなく、“必要なところだけ” を取り込むことができます。

さらに、RCAケーブル接続ですので、レーザーディスクなど、その他の映像を各種メディアに保存しておくことも可能ということになります。


 


保存先のメディアは、SDカード・HDD・USBメモリ の3種類

キャプチャーしたデータは、YouTube などにアップ可能なMP4形式で保存されます。


年末年始に帰省したときなど、実家にビデオテープなどのアナログメディアが多く残っていて、処分をお願いされる方は多いのではないでしょうか。


  media_analog.png


(わが家の場合は)テレビ番組を録画したビデオテープが多いのですが、DVD化などされていない作品もあり、(個人的には)簡単に捨てられないのです。


そのようなとき、このビデオキャプチャー「400-MEDI029」は、モニターで内容を確認しながら、残したい部分だけをリアルタイムでデータ化することができるので、処分にはうってつけのアイテムと言えます。


 


難点を言えば、画面を(リアルタイムで)確認しながらの作業になるので、“それなりの時間” がかかってしまうということでしょうか。

子供の頃に、漫画の本を整理しようとして「結局、全部を読み返しただけ」であったことを思い出します。


しかし今回は、(視聴と同時に)次々とデジタルデータ化されていくわけですから、着実に整理されていくことになるはずです。


posted by おは子 at 15:11| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする