楽天市場

2020年11月18日

ターンエークッション

昨日の『ZIP!(流行ニュース キテルネ!)』では、家の中を暖かく過ごすためのグッズが紹介されていましたが、今日の『ZIP!』では、“人をダメにする” イエナカグッズが紹介されていました。

その中のひとつがこちら


 ターンエークッション.png


サンコー(サンコーレアモノショップ)が発売する “人ダメクッション” で、
「ターンエークッション(∀クッション)」といいます。


 こちら  >> [公式]「∀クッション」サンコーレアモノショップ
 楽天市場 >> ∀(ターンエー)クッション


商品名の通り、アルファベットの「A」の形(三角形)をしたクッションです。

窪みの部分に、自身の腰をさし入れて使用します(装着します)。


  


すると、読書のときや、スマホをいじるときなどに、肘を置くことができるようになり、とても楽なのです。


左右の端には、肘を支え、力を吸収する「肘置き」が設けられ、さらに前面には、スマホアームを取り付けることができたりなど、長時間使用しても疲れないような工夫も施されています。


 ターンエークッション_02.jpg


また、側面にはポケットが付いているので、スナック菓子や小物を入れることができるそうです。


 ターンエークッション_03.jpg


このクッションが、人をダメにするかどうかは別として、単純に、“とても使い易そう” です。

慣れれば、腰に付けたまま移動することも可能なのではないでしょうか。


テレワークにも活用できるかもしれません。


 

posted by おは子 at 16:32| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

秒速トースター

知る人ぞ知る、LITHON(ライソン)の「秒速トースター」。



食パン一枚を “早く焼く” ことだけを目的(目標)に、開発されたトースターです。


 こちら >> ライソン 秒速トースター KLTS-001B /LITHON楽天市場


そのため、“2枚焼き” が主流の中で、“1枚焼き” 仕様のトースターとなっています。


 


何故ならば、“2枚焼く火力を1枚に” 集中させたいからです。


その結果、一般的なポップアップトースターで2分40秒かかる、カリッとした「焼き目4」のトーストを “58秒” で焼くことに成功しました。


 


この「秒速トースター」に搭載されているヒーターは、“最高温度400度以上” の高火力クロムヒーターです。


  秒速トースター.png


400度というと、一般的な “魚焼きグリル” と同じ温度になります。


そして、それだけの火力で一気に、そして近距離から焼き上げたトーストは、“わずか4%の水分しか蒸発していない” という結果までを生み出しました。
 

 


通常のトースターで約10%、「カリッともちもち」が売りのスチームトースターでも約7%の水分が蒸発しているというのですから、この結果は “凄いこと” です。

 
 秒速トースター02.jpg
 (LITHON-ホームページより)


水分をほとんど蒸発させないため、「 “中はもっちり、外側はサクッ” とした理想的なトーストが焼き上がる」わけです。


その他にも

 ・冷凍モード搭載
 ・リヒート(焼き直し)モード搭載
 ・手入れが簡単なパンくずトレイ
 ・埃よけのフタ付き

など、使い勝手のよい様々な設計が施されています。


 


「朝食は毎朝食パンだ」という人に、絶対にお薦めのトースターです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライソン 秒速トースター KLTS-001B /LITHON
価格:14080円(税込、送料無料) (2020/11/9時点)


posted by おは子 at 16:10| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

リファ ビューテックドライヤー

美容ブランド『リファ』が開発した、美容師の技術を再現したドライヤー「リファ ビューテックドライヤー」は、美容雑誌・美容業界で大きな話題になったそうです。
(『25ans』では「ビューティ・メダリスト大賞」受賞)


   ビューティ・メダリスト大賞.png


 こちら >> リファビューテック ドライヤーMTG ONLINESHOP


このドライヤーの大きな特徴は
 温度を自動調節
してくれることです。


ドライヤーの温度が60℃を超えると、髪からは水分が抜け出します。

ドライヤーを当て過ぎると髪がパサパサになってしまうのは、このためです。


その点につき、この「リファ ビューテックドライヤー」は、“アンダー60℃” を自動調節する「プロセンシング」機能を搭載しています。


 


独自開発の “対象物センサー” が髪の温度を感知し、自動で温風と冷風を切り替えることで、60℃以下をキープします。

その結果、髪を熱ダメージから守る ことにつながるのです。


また、(高温にならないので)ドライヤーを振る必要がなく、“まとまりのある髪に仕上がる” というメリットも生まれます。


さらに、「リファ ビューテックドライヤー」の吹出し口からは、風と一緒に「イオン(ハイドロイオン)」が放出されているそうです。


 


イオンの働きにより、髪は “さらにまとまりやすく” なります。

しっとりとまとまりのある、俗に言う レア髪 が、
サロンに行かなくても、このドライヤー一台で手に入れられるというわけです。


 


今、美容師さんが 一番に推すドライヤー とのこと。


 リファビューテックドライヤー.jpg


モードの切り替えで、「しっとりレア髪」と「ふんわりレア髪」が選べる点も素晴らしいと思います。


posted by おは子 at 17:29| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする