楽天市場

2020年07月02日

ファン搭載ベビーカー Bingle Fan+

ベビー用品メーカー『ピジョン』が、シート部にファンを搭載したベビーカー
「Bingle Fan+(ビングルファンプラス)」を “160台限定” で販売するそうです。


 


現在、「ピジョン公式店」のみで予約を受け付けており、商品の受け渡しは7月17日より順次行なうとのこと。


 こちら >> 【7月17日以降順次お届け】Bingle Fan+(ビングル ファンプラス)ピジョン公式楽天市場店


Bingle Fan+ は、シート背面部に2基のファンを搭載したベビーカーです。


  BingleFan+.png


特徴的なのは、このファンが、ベビーカーに風を送り込むためのものではなく、ベビーカー(背中側)にこもった熱を “外に逃がすため” のものであることです。


  BingleFan+_02.png


夏場のベビーカーのシート付近は、地面からの照り返しなどもあり、35度近くの高温になるとのこと。


 


そのため、ベビーカー(前面)に扇風機を取り付けたり、冷却シートを敷くなどの対策が取られるのですが、

 ■ 扇風機・・・赤ちゃんに風を送ることはできますが、背中にこもった熱はそのまま
 ■ 冷却シート・・・赤ちゃんのからだを冷やしすぎることもあり、かいた汗はそのまま

など、それぞれに問題があるようです。


そこで、ピジョンが考えたのが、“熱と湿気を外に排出するベビーカー” です。


ファン部分はユニットバッグになっていて、簡単に取り外すこともできます。


 


ですので、夏場が過ぎれば、普通のベビーカーとして使用することができます。


その他にも

 ■ 背面に、通気性・透湿性に優れた素材「NEO3DR」を使用
 ■ 座面に、座りごこちのよいクッション材「エルクR」を使用
 ■ 側面も、通気性のよいメッシュ仕様

など、赤ちゃんにやさしい様々な工夫が施されているそうです。


160台限定というのが気になるところですが、現在ベビーカーを探している方は、是非とも候補に入れておきたいひとつです。


 

posted by おは子 at 18:30| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

3Dサーキュレーター

『ノンストップ!(いいものプレミアム)』で紹介されていた「3Dサーキュレーター デュアルウインド(HC-T1906)」


 


生活家電メーカー『スリーアップ』社が手がける「ヒートアンドクール サーキュレーター」シリーズのひとつですが、このサーキュレーター(シリーズ)の凄いところは、ヒーターとしても使える ことです。

※ 一般店頭では、「3Dサーキュレーター ヒート&クール(HC-T1906)」という商品名で販売されています。


  楽天shop >> 3Dサーキュレーター ヒート&クール HC-T1906


 
 3Dサーキュレーター ヒート&クール HC-T1906WH通販ライフ


このサーキュレーーターの使い道は全部で4つ

 @ サーキュレーーター
 A 扇風機
 B 衣類乾燥機
 C ヒーター

つまり、“1台4役” の優れモノなのです。


サーキュレーターと扇風機の違いは、「直線的な風をいかに遠くまで届けることができるか」ということにありますが、この点につき、「3Dサーキュレーター ヒート&クール」は、“ガード(網)” の形状を工夫することで解決しているそうです。

 3Dサーキュレーターデュアルウインド.png


扇風機の場合は、風は外側に向かって広がった方が良いので、網目は直線によって構成されています。

しかし、サーキュレーターの場合は、“風を直線的に” 送り出すことを目的としているので、逆に、 “網目は渦巻状” になっているのです。

こうすることによって、外に向かう風を押さえ込んで “まっすぐ” 送り出すことが可能になるとのこと。


このパワフルな風が、エアコンの冷気を部屋全体に届けるので、エアコンの効率は格段に良くなります。


また、1200Wの温風を送り出す “ヒーター” として使う場合は、送風口を上向きにすることによって、部屋全体を効率よく暖めることができるのです。


 
 (solemo 楽天市場店


さらに “3D首振り機能” を併用すれば、部屋の隅々にまで冷気(温風)を循環させることができます。


 


そして、風量を「弱」に設定することで、スポット的な “扇風機” としても使うこともできます。

しかも一般的な扇風機に比べて、サイズがコンパクトなところが、嬉しいです。


 


そして最後に、ヒーターモードで風量を「強」に設定すると、衣類乾燥機として使うことができるのです。
(本体に「衣類乾燥モード(ボタン)」がプリセットされています。)


 


まとめると

 @ 通常モード+風量「強」=サーキュレーーター
 A 通常モード+風量「弱」=扇風機
 B 温風モード+風量「強」=衣類乾燥機
 C 温風モード+風量「弱」=ヒーター

と “1台4役” の使い分けが可能ということです。


他にもいろいろと組み合わせて、“様々な場面” で、“オールシーズン” 使えるところが、嬉しいサーキュレーターです。


posted by おは子 at 01:49| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

デュクス ウィスパー フレックスタッチ

「デュクス ウィスパー フレックスタッチ(duux Whisper FlexT ouch)」という扇風機(兼サーキュレーター)が、今、都内の家電店で売れに売れているのだそうです。


 

 こちら >> 扇風機 DCモーター サーキュレーター duux(デュクス)Whisper Flex Touch(ウィスパー フレックス タッチ)DXCF16(GY) DXCF17(WT)楽天市場


この時季の “室内干し” を助けてくれることが、売れている理由です。


風量が “26段階” まで調節でき、最大風量の風は “15m先” まで届きます。


 duuxWhisperFlexTouch.jpg


首振り角度も “上下左右90度” となっており、そのため、洗濯物をムラなく乾かすことができるのです。


 


さらに、“室温センサー” を設定することで、室温に合わせて風量を自動調節してくれるというのですから、これは便利です。


 


新型コロナウィルスの影響で、タオルを使う機会(洗う機会)が増えている今、タオルの生乾き防止のために、このようなアイテムを導入してみるのも良いのではないでしょうか。


 


世界30ヶ国以上の国で売れているオランダの扇風機です。


posted by おは子 at 16:18| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする