ウイルス除去率99%チャーミスト

2020年02月22日

Herrmann's ヘルマン 愛犬のためのオーガニックフード

TBS『王様のブランチ』で、山本舞香が愛犬のために購入した「Herrmann's ヘルマン」のドッグフード


 HERRMANN'S.jpg

 こちら >> Herrmann’s(ヘルマン)完全無添加・オーガニックドッグフード


ドイツ産の完全無添加・愛犬のための “オーガニックドッグフード” とのことです。


ドイツの犬猫たちは、毎日、栄養バランスのよい食事を楽しんでいるらしいです。

そのドイツの犬猫たちが、夢中になって食べているごちそうを、日本のパートナーにも紹介したいということなのですが、その食材(お肉)が、あまり日本に馴染みのないものであることに驚きます。


番組で紹介されたもの(お肉)を挙げると




 ■ カンガルー(100%) >> 【ヘルマン】ヘルマン ピュア・カンガルー




  ■ ヤギ(山羊のごちそう) >> 【ヘルマン】ヘルマン ゴート・ディッシュ




 ■ うさぎ(100%) >> 【ヘルマン】ヘルマン ピュア・ラビット




  ■ ウマ(馬のごちそう) >> 【ヘルマン】ヘルマン ホース・ディッシュ


などなど。


一番人気なのは「馬のごちそう(ホース・ディッシ)」で、野菜と一緒になっているため栄養も豊富、ヘルシーで体調管理向きとのこと。


最近は、カンガルーの肉(ルーミート)が、“ギルトフリー食品” として、日本でも注目されているようですが、兎や山羊は、まだまだ食肉としては馴染んでいません。


 


これら『ヘルマン』のオーガニックフードは、人間も食べられるそうなので、愛犬と一緒に試食してみるのもいいかもしれません。


  

posted by おは子 at 15:33| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

タピオカ粉 ポンデケージョ ぽんでcoffee

フジテレビ『ノンストップ!』内のコーナー「虻ちゃんの ミニバスで行く!東京ちょこっと旅」が、今日も先週に引き続き「池袋(イケバス)編」でした。

池袋は、学生の頃、池袋本町(下板橋)に住んでいたことがあり、私の懐かしい町のひとつですので、自ずとテンションが上がります。


そして、今日の放送では、気になるお店(食べ物)がひとつありました。


 ぽんでcoffee.jpg


「ぽんでcoffee」という喫茶店(ぽんでショップ)です。


 こちら >> 東京・南池袋のスペシャルティコーヒー専門店|ぽんでCOFFEE


場所的には「ジュンク堂書店」のすぐ近くなのですが、このお店では、「ぽんで」と呼ばれる日本では珍しい食べ物が提供されています。
 
 こちら >> ぽんで【プレーン(チーズ)・チーズ&ペッパー】


ぽんでって、いったい何?

と思ってしまいますが、マスターの話によると
「ポンデケージョをアレンジしたオリジナル食品」
とのこと。

では、そのポンデケージョとは、いったい何でしょうか?


 


ポンデケージョは、ブラジルで食べられている “チーズ味のパン” のようなものです。

タピオカ粉を使って作られた、グルテンフリーの食品なのです。

 ・タピオカ
 ・グルテンフリー

と、若い女性に好まれそうな単語が2つも入っているだけに、何だか人気が出そうな予感がします。


ブラジルでは、ポンデケージョは基本的にチーズ味ですが、「ぽんでcoffee」ではアレンジを加えて、いろいろな味のポンデケージョ(ぽんで)が作られています。

  ・プレーン(チーズ味)
  ・チーズ&ペッパー
  ・クリ−ムチーズ
  ・バジル
  ・ほうれん草ベーコン
  ・ストロベリー
  ・チョコレート
  ・イカ墨

などのいろいろな味があり、一部はネット(楽天市場)からも購入できるようです。


 こちら >> ぽんで10個セット【プレーン(チーズ)・チーズ&ペッパー】
     >> ぽんで10個セット【プレーン(チーズ)・バジル】
     >> ぽんで10個セット【プレーン(チーズ)・ほうれん草ベーコン】
     >> ぽんで10個セット【クリームチーズ・チョコ&チョコ】
     >> ぽんで10個セット【キャラメル・抹茶】

   


「ぽんでcoffee」のことは、今日の放送ではじめて知りましたが、池袋近くに行くことがあったら、是非立ち寄りたいお店です。

 
 ぽんでCOFFEE

posted by おは子 at 14:55| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

アメージングチョコレートワークショップ

現在、新宿の小田急百貨店では、バレンタイン・チョコレートフェア『ショコラ×ショコラ』が開催されています。

世界中のチョコレートブランドが一堂に会するイベントなのですが、その中でも、イギリスのチョコレート店「アメージングチョコレートワークショップ」のチョコレート(作品)が大きな話題になっているようです。


 アメージングチョコレートワークショップ_shop.jpg


アメージングチョコレートワークショップのチョコレートの特徴をひと言でいうと、
本物そっくり!
ということです。
アメージングチョコレートワークショップ.jpg

2014年に、イギリスの小さな町に住むチョコレート作りが “趣味” の二人(ダミアンとエド)が、“工具そっくり” なチョコレートを作ってみたのが始まりとのことで、全体的に、金属製品の(チョコレート)作品が多いように感じます。


 アメージングチョコレートワークショップ_work.png


作品のすべては、ひとつずつ手作りで作られており、さらに、見た目だけでなく、ベネズエラの特別なカカオ豆「トリタリオ豆」を使用するなど、味わいにもこだわっているとのこと。

このトリタリオ豆は、世界中のチョコレートの10%未満にしか使用されていないという、たいへん希少なカカオ豆です。


 カカオ.jpg


バレンタイン・フェア「ショコラ×ショコラ」は、小田急百貨店新宿店で2月10日まで開催中ですが、このアメージングチョコレートワークショップのチョコレートは、「小田急オンラインショップ」からも購入できるようです。


 こちら >> アメージングチョコレートワークショップ: 小田急のバレンタイン


オンラインショップでの販期間は分かりませんが、購入される方は、できるだけ急いだほうが良いことは言うまでもありません。


 
 楽天市場

posted by おは子 at 15:24| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする