楽天市場

2020年07月06日

クール バブバブ

『ノンストップ!』で紹介されていた「クール バブバブ(COOL BABUBABU)」という “冷感グッズ(冷却グッズ)” が、ちょっとびっくりします。





 Amazon >> COOL BABUBABU
 YAHOO >> COOL BABUBABU クール バブバブ


ごく普通の、スプレー缶の形をした商品です。


肌にスプレーすることで “ひんやり感” が得られる “アイシングスプレー” のようなものを普通は想像することと思います。


しかし、番組内で設楽さんが、試しに自分の手首に噴きつけてみたところ


 COOLBABUBABU.jpg


出てきたのは、このようにモコモコとした、青色の “ゲルフォーム” でした。


このゲルフォームが驚くほど冷たく、また、ゲル状なので、“自分の好きな形に変えて使用する” ことができるのだそうです。


 COOLBABUBABU_02.jpg


例えば、このように手首に巻いて使用すれば、しばらくの間、“ひんやり感” を味わうことができるとのこと。


これは、何だか面白そうです。


「クール バブバブ」の使い方は以下の通り

 @ よく振る
 A 10cmほど離して、手首などにスプレー
 B 出来上がったゲルフォームを冷やしたいところに当てる


自在に変形するので、手首や肘・膝などを痛めたときの治療(応急処置)にも使えそうです。


いったいどのような手触りなのか、これは是非試してみたいものです。


 

posted by おは子 at 16:40| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

耳脳テラピー

今日の『王様のブランチ(#トレンド部)』で、有明ガーデン内にオープンした、日本初登場の「耳脳(じのう)テラピー」サロン「I feeling(アイフィーリング)」が紹介されていました。


 

 こちら >> 究極耳脳テラピー|I feeling|アイフィーリング


これは、興味津々です。


「耳脳テラピー」とは、耳のツボや耳の産毛に刺激を与えることで快眠へと導く “リラクゼーションの新しいアプローチ” のことです。


 WhatIsIfeeling.jpg
 >> アイフィーリングとは


『王様のブランチ』では、藤森部長と山本舞香ちゃんが

 @ イヤーピック(耳かき)で耳の中の産毛を刺激
 A グースウンング(ガチョウの毛)を用いて耳の穴を刺激
 B チューニングフォーク(音叉)で、耳から脳みそを共鳴させる

といった耳脳テラピーを体験していました。


 ifeeling_info.jpg
 >> 店舗紹介|究極耳脳テラピー|I feeling


山本舞香ちゃん曰く

 「耳の中がスッキリした気がする」
 「(音叉の音が)脳まで届く」

とのことです。


料金は、耳のマッサージに頭皮ケアなどがついた50分のコースで、6,800円。

他にも「肩コリ改善プラン」「腰痛緩和プラン」などのメニューもあります。


 こちら >> メニュー紹介|究極耳脳テラピー|I feeling


また、耳だけでなく、施術の中には「腸揉み」などと言うものまでが用意されています。


これは、是非とも体験してみなくてはなりません。


■ I feeling(アイフィーリング)
  東京都江東区有明2-1-8 有明ガーデン3F

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファミリー・ライフ 耳かき用たわし
価格:3280円(税込、送料別) (2020/7/4時点)



posted by おは子 at 18:18| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

空調寝具 快雲SOYO

様々な健康器具を開発する『アテックス』が、奇抜なアイデアの快眠グッズ(寝具)「空調寝具 快雲SOYO(AX-BSA607)」を発表しました。


 

 こちら >> 空調寝具 快雲SOYO AX-BSA607アテックスダイレクト


この寝具の大きな特徴は、寝具内を風が吹きぬける ことです。


「快雲SOYO」は、寝具(布団)としては大変珍しい、このような形をしています。
 
そして、足下には2基のファンが搭載されています。


  AX-BSA607.jpg


このファンが空気を取り込んで、寝具内に “風” を起こすのだそうです。


 AX-BSA607.png


こうすることで、“風を感じて” 快適に眠ることができるとのこと。


風が流れることで、寝具と密着している部分の “熱と湿気” を排出するからです。


 


また、このようにスカスカの形状(スタイル)は、“雲のように自由気ままに” 眠ることを目的としているのだそうです。


 


仰向けも、うつ伏せも、抱き枕スタイルも、この布団ならば “自由自在” です。

 @ 雲のように自由気ままに
 A 風を感じて快適に

の2つをコンセプトに開発されたという「空調寝具 快雲SOYO」

今までにないスタイルの寝具であることは間違いありません。


夏でも布団をしっかりと掛けて寝る私には向かないような気もしますが、
“布団の中を風が吹き抜ける” 感じを体感してみたくて仕方ありません。


posted by おは子 at 08:40| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする