楽天市場

2020年11月14日

ドラマ25 猫

昨日深夜より放送開始となったドラマ25『猫』が、とてもいいです。


 

 こちら >> 【ドラマ25】 猫 | 主演 小西桜子 前田旺志郎 | テレビ東京


小西桜子が主演だということで、観始めたのですが、後で調べてみると、いろいろと “盛りだくさん” な内容(情報)のドラマであることが分かって、少し驚いています。


ドラマの設定(ストーリー)は

 その日暮らしの青年・天音光司(前田旺志郎)が、脳腫瘍があり余命宣告の日をとうに過ぎてしまった娘・金子みねこ(小西桜子)から “条件付きの同居生活” を提案される

というもの。


その条件というのが

 @ 毎朝、仕事に行くバス停まで送る
 A 帰りは、バス停まで迎えに行く
 B 夕飯を一緒に食べて、一緒に帰る


そして
 
 C 朝、目が覚めて、みねこ が死んでいたら、知人に連絡をすること

というもの。


なんとも “切ない” 条件です。


第1話を観た限りでは、ドラマは “闘病日誌” 的な内容のものではなく、みねこ が死ぬまでの “日常” を淡々と描いていくもののように思えました。

余命宣告の日をとうに過ぎてしまっていることから、『100日後に死ぬワニ』に近いものなのかなとも思いました。


そして、このドラマの原作(原案)は
『DISH//』というバンドが歌う「猫」という楽曲
とのことです。


 


実は、この時点では、私は「猫」という楽曲のことも、『DISH//』というバンドのことも知りませんでした。

つまり、「小西桜子が主演」ということしか、このドラマに関する情報がなかったのです。


それが、第1話の放送が終盤に差し掛かり、エンディング曲が流れると、
 突然、バンドによる海岸での演奏シーン
へと切り替わりました。

しかも、歌っているのは、どう見ても 北村匠海 です。
(実は、北村匠海の顔と名前が一致してきたのもつい最近のことです。)


 


「北村匠海も出演するドラマなのかな」などと思いつつ、後から調べて、『DISH//』というのは、“北村匠海をリーダーとするダンスロックバンド” のことなのだということを知りました。

 
 >> CIRCLE (初回生産限定盤B) [ DISH// ]


結成は2011年というのですから、随分と長い間、その存在を知らなかったことになります。


そして、ドラマの原案となっている「猫」という楽曲ですが、作詞作曲はシンガソングライターのあいみょん


 


「THE FIRST TAKE」という “アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを配信する YouTubeチャンネル” で、北村匠海(DISH//)が歌い、5000万回再生を記録したという “話題の楽曲” なのだそうです。


 


 ・・・まったく、知りませんでした。


私はただ、「小西桜子が主演」ということだけで、このドラマを観ていました。


調べてみると、あまりにも情報量の多いドラマです。


個人的には、楽曲のファンや、北村匠海のファンがこのドラマを観てくれて、小西桜子のことをもっといっぱい知ってもらえたら、と思っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽譜 猫〜THE FIRST TAKE ver.〜/DISH//(ピアノ・ピース 1654)
価格:660円(税込、送料別) (2020/11/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫 DISH// バンドピース
価格:825円(税込、送料無料) (2020/11/14時点)


posted by おは子 at 17:07| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

極主夫道 ドラマ

昨日より、テレビドラマ『極主夫道』が放送開始となりました。


 

 こちら >> 【公式】極主夫道|読売テレビ・日本テレビ系


『極主夫道』は、以前に広瀬アリスが “おすすめの漫画” として紹介していたこともあり、今回のドラマ化は、ずっと気になっていました。

 以前の記事はこちら >> 広瀬アリス おすすめの漫画


 
 (楽天ブックス


しかも、放送時間帯が、“ハズレなし” の日曜よる10時30分の日テレ枠です。

これは、期待しないわけにはいきません。


そして、実際の放送は

 @ BGMが良い(それっぽい)
 A カメラワークが凝ってる
 B オープニングが「ラジオ体操」

と、始まってすぐに「毎週観るドラマ 確定」となりました。


原作(漫画)との比較で言うと

 @ 原作に忠実に表現しようとしている一方で
 A ドラマ独自の展開も目指そうとしている

ことが分かります。


以前に「くらげバンチ(新潮社)」が、漫画のPRのために作った、原作を “忠実に実写化” した「実写版『極主夫道』PV」というものがあります。

 こちら  ↓    ↓

 


このPVと見比べると分かりますが、テレビドラマ版『極主夫道』は、“不死身の龍” の描写は原作通りを目指しつつも、さらに、主夫的な(ファミリー的な)要素を加えようとしているように思われます。

その具体型が、龍と美久の娘 “向日葵” の存在です。

 極主夫道_ファミリー.png


2人の名前が 「龍」「美久」であるのに対し、子供の名前が「“向日” 葵」であることに “ドラマ的な” 何かがありそうです。


白鳥玉季が、ドラマ(展開)のカギを握っているのではないでしょうか。


ちなみに、原作漫画は12月13日までの期間限定で、現在、第1巻がまるごと “無料で” 読めてしまいます。

 こちら >> 【極主夫道が12/13まで無料】まんが王国

原作との比較をしたい方は、この機会にどうぞ。



posted by おは子 at 18:38| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

おカネの切れ目が恋のはじまり 最終回

三浦春馬と松岡茉優主演のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』が、今夜、
最終回でした。


 

 こちら >> 火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』|TBSテレビ


いったいどのような最終回になるのだろうと思っていましたが・・・

 あまりにも、悲しい 最終回でした。


主人公の猿渡慶太(三浦春馬)は、ある朝早く、一人どこかへ出かけたと言います。

そして、後には、ペット(LAVOT)の猿彦が残されます。


  猿彦.png


以降、この猿彦と共に、ドラマは展開していくのですが、


暫くすると、

 ああ、この話(脚本)は、三浦春馬が亡くなった後に書かれたものなんだ

と気付かされます。


 いったい(大島里美さんは)
 どのような想いでこの脚本を書いたのか


 そして、いったい(共演者の方々は)
 どのような想いで、この最終回を演じたのか


そのようなことを考えると、とても普通の感情で観ることは出来ませんでした。


ドラマ後半のお母さん(南 果歩)の台詞

 母さん、何にも気付いてあげられなかったから

が、心に深く刺さります。


ドラマの最後は、猿渡慶太(三浦春馬)が帰ってきたかのような形で終わりますが、その姿(三浦春馬)が映し出されることはありませんでした。
 

(居なくては)終わることすらできない


そのようなことを考えさせられたドラマ(最終回)でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おカネの切れ目が恋のはじまり Blu-ray BOX [ 松岡茉優 ]
価格:10164円(税込、送料無料) (2020/10/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おカネの切れ目が恋のはじまり DVD-BOX [ 松岡茉優 ]
価格:8046円(税込、送料無料) (2020/10/7時点)


posted by おは子 at 00:21| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする