楽天市場

2018年06月12日

純金製 ラオウの拳王兜 限定5個を発売

『北斗の拳』の連載開始が1983年ということで、今年は「北斗の拳 35周年」の年なのだそうです。

そのため、関係各社では様々な “35周年プロジェクト” が始動しているようですが、その中のひとつに「北斗の拳 “純金製”拳王兜」の発売があります。


 拳王兜.jpg

 こちら >> 北斗の拳 “純金製”拳王兜(1/4スケール)


言わずと知れた “拳王(長兄)ラオウ” の兜です。





『北斗の拳』の中で、拳王軍を率いたラオウが被っていた兜のデザインを忠実に再現し、さらに “純金製” で製作し、発売するというプロジェクトです。


実は、この「拳王兜」は「北斗の拳 25周年記念」の年に「1/1拳王兜」として一度発売されたことがあります。


拳王兜_25周年.jpg

 こちら >> 北斗の拳25周年記念作品 『拳王 兜』 1/1スケール


製作は、本物の甲冑の復元なども手がける株式会社謙信が手がけました。


原作中のデザインを忠実に再現しつつ、実際に使用される兜の機能性と材質を加味して製作された “武具” で、なおかつ、実際に被ることができる1/1スケールでの製作というのが、何よりも魅力的でした(現在完売)。


今回発売となる純金モデルも同じく株式会社謙信の原型を使用していますが、完成サイズは “1/4スケール” になるということです。

さらに、25周年の「1/1拳王兜」が、“限定30個” の製作であったのに対し、今回の「純金製 1/4拳王兜」は、わずか “5セット限定” の製作です。


何故ならば、純金(24金100%)で製作した場合、1/4スケールでも、その値段は “250万円” になってしまうからです。


単純計算で、1/1スケールモデルで製作すると “1000万円” の超超高額商品になってしまいます。

(ちなみに、「1/1拳王兜」の値段は486,000円でした。)


今回は、実際に被って楽しむことはできませんが、観賞用工芸品ということで、桐箱ではなくガラス製ケースを付けての発売となります。(武論尊氏と、原哲夫氏の直筆サイン入り)

拳王兜02.png

さらに「シリアルナンバー入り」ということですので、かなり高い確率(5分の1)で “ナンバー1” もしくは “ラストナンバー” の商品を手にすることができます。


またとないチャンスです。

いかがでしょうか。





ラベル:北斗の拳 純金
posted by おは子 at 17:12| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

マンガ大賞 2018

『マンガ大賞2018』の選考結果が発表になりました。

マンガ大賞2018.png

  こちら >> マンガ大賞2018


「マンガ大賞」は、昨年に単行本が発売された漫画作品(最大巻数が8巻までのもの)から12作品をノミネートし、その中から大賞作品を選ぶというものです。

ロンクセラー作品ではなく、これから先に注目すべき作品を選ぼうという目的で開催されています。


これまでの大賞作の多くが映画化やアニメ化されヒットしているだけに、賞としての注目度も高いイベントと言えます。





選考員は全国の書店員が中心となり、さらに今回より電子書籍も対象となったことから、その結果が気になるところでしたが、結果は以下の通りでした。


 ・大賞 :『BEASTARS』板垣巴留
 ・2位 :『我らコンタクティ』森田るい
 ・3位 :『凪のお暇』コナリ ミサト
 ・4位 :『ダンジョン飯』九井 諒子
 ・5位 :『不滅のあなたへ』大今良時
 ・6位 :『ランウェイで笑って』猪ノ谷言葉
 ・7位 :『とんがり帽子のアトリエ』白浜 鴎
 ・8位 :『メイドインアビス』つくし あきひと
 ・9位 :『映像研には手を出すな!』大童澄瞳
 ・10位 :『映画大好きポンポさん』杉谷 庄吾【人間プラモ】
 ・11位 :『約束のネバーランド』出水ぽすか・白井カイウ
 ・12位 :『ゴールデンゴールド』堀尾省太


大賞の『BEASTARS』は、文化庁の『第21回 メディア芸術祭』でも「マンガ部門新人賞」を受賞した作品です。





舞台は、肉食獣と草食獣の共学校「チェリートン学園」。

登場するキャラクターはすべて “獣” なのですが、このマンガに描かれているのは、リアルな “人間模様(ヒューマンドラマ)” です。


選考員のコメントに以下のようなものがあります。


 ・平和な学園生活を送りつつも、水面下では食う側と食われる側であることを
  意識する両者
 ・種族を超える言葉を得て、人間のようにパンツをはいた動物たち。しかし内
  なる「本能」は完全には飼い慣らせず、一皮むけば世界は暴力に満ちている。
 ・「ある意味これほど少年マンガ誌に相応しい作品はなかろう」という感動しか
  ない、素晴らしい作品でした。
 ・物擬人化で生々しい人間関係?を表現
 ・キャラがよくつくりこまれていて、ワクワクする展開。全員動物


作者の板垣巴留さん曰く、人間の “醜さ” や “計算高さ” をあえて “人間で描かない” ことにより、エンターテインメントとしてのマンガの位置を保っているのとのこと。


動物にすることで理解できる、そんな人間の世界が描かれている作品だと言えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BEASTARS 1【電子書籍】[ 板垣巴留 ]
価格:432円 (2018/3/24時点)


ラベル:漫画 映画 アニメ
posted by おは子 at 14:46| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

家電大賞 2017

「家電 Watch」と「GetNavi」が共同で開催する『家電大賞』の結果が出たようです。


 こちら >> ユーザーが選ぶ「家電大賞2017」結果速報!


家電大賞というのは、2017年にユーザーから最も支持された家電に対して与えられる賞で、今回で第3回目になります。


そして、今回のグランプリはというと、この日記でも取り上げたことのある パナソニックの 「ロティサリーグリル&スモーク (NB-RDX100)」 でした。

 以前の記事はこちら >> ロティサリーグリル&スモーク: 気ままな日記


本体の中にあるカゴの中にお肉を入れて、回転させながら焼くロティサリー調理が家庭でも行えるという優れものです。





ただ、調理に時間がかかるため、まだまだ家庭には普及しないのではないかとも思っていたのですが、堂々のグランプリ受賞です。

『家電大賞』は読者投票のみによって選ばれますので、嘘偽りなく、家庭からの支持を受けているということになります。


ちなみに、大賞の第2位と第3位は以下の通りです。


 第2位 >> バーミキュラ VERMICULAR ライスポット


 


 第3位 >> ロボット掃除機 ルンバ890


 


各部門ごとの上位家電もチェックしたいところです。


posted by おは子 at 23:14| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする