楽天市場

2018年08月24日

水ピタ防水シート

簡単に設置できて、台風などの豪雨による浸水被害に有効な 株式会社くればぁ の「水ピタ防水シート」というアイテムがあります。


 水ピタ防水シート.jpg

 こちら >> 【切り売り販売】台風 ゲリラ豪雨対策 水ピタ防水シート(防水生地)


製品(形状)としては、ただの “薄いシート” です。

ですが、その実態は、くればぁが独自開発した高撥水性のシートで、この水ピタ防水シート1枚があれば、土嚢の代わりに浸水を防ぐことができるということです。

撥水性のほかに耐水圧性も高く、逆に、水圧がかかることで水ピタ防水シートが張り付き、浸水を防ぎます。


 水ピタ防水シート_02.jpg


  ▼ 耐水圧性の検証動画
 


設置の方法も簡単で、玄関やシャッターなどの水が浸入してきそうなところに “布ガムテープで留める(貼る)” だけです。

 ※より高い効果を得るためには、予め隙間を埋めるようにシートを貼ります。
    ↓    ↓
水ピタ防水シート_03.png


  ▼ 水ピタ防水シートの浸水試験動画
 


さらに、使用後に水洗いして乾すと、何度でも繰り返し使用することができます。


シャッターなどへの設置に役立つ「マグネットタイプ」の水ピタ防水シートもあるそうです。

 


場所も取らずにしまっておくことができ、持ち運びも楽ですので、これは、防災グッズとして数枚は持っておくべきでしょう。


防災グッズ bohsai.shop
ラベル:台風 豪雨 浸水
posted by おは子 at 11:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

楽天ビック

楽天とビックカメラが、オンラインとオフラインを融合させた新しい家電ECサイト「楽天ビック」をオープンしたそうです。


楽天ビック.jpg


 こちら >> 楽天ビック


楽天市場内にはこれまでも「ビックカメラ楽天市場店」が存在していましたが、今回「楽天ビック」となったことにより一体何が変わるのでしょうか。


まず、一番大きなポイントは、ビックカメラの店頭で商品を購入した際に、楽天ポイントで貯めることも出来るようになることです。

商品購入時に、ビックポイントか楽天ポイントかのどちらかを選べるのです。


ビックポイントの場合は10%、楽天ポイントの場合は5%と、還元率に差がありますが、これはかなり画期的なことではないでしょうか。


ビックカメラの(楽天)ポイントを用いて、楽天市場の別店舗での買い物ができてしまうのです。


さらに、6月を目処にビックカメラ店頭での買い物にも “楽天ポイントが使える” ようになるとのことです。

これまた嬉しいです。


現在も、マクドナルドやくら寿司など、楽天ポイントの使えるお店(飲食店)はありますが、私の知る限り、家電等の “買い物” に使えるお店はなかったと思います。

ビックカメラの中にはドラッグストアのような売場もありますので、これはかなり重宝するのではないでしょうか。


さらにもうひとつ、「楽天ビック」となったことにより、家電の “設置工事” や “アフターサービス” などが受けられるようにもなるそうです。

楽天ビックのECサイトで購入した商品について、ビックカメラ実店舗のサービスを受けられるということです。


これまで、ネットで購入した家電などについては、何とか自力で設置しなくてはいけないような場面が多々あったことを考えると、これもまた嬉しいサービスです。


さらに今週いっぱいは、「グランドオープン祭」と称して、“24時間限定の目玉商品” を毎日日替わりで提供しているそうです。


 こちら >> 楽天ビック限定|グランドオープン祭


目玉商品は、毎朝10時に更新されるそうなので、これは要チェックですね。


 楽天ビック


posted by おは子 at 22:11| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

空いている引越し業者の見つけ方

新生活がスタートし、引越しが増加するこの時期に、何と空いている引越し業者が見つからないのだそうです。


いまだに引越しができていない “引越し難民” が続出しているのです。


そして、その原因は、安倍政権の推進する “働き方改革” にあると言われています。


運送トラック.jpg


トラック運転手の人手不足などが原因で、“長時間労働” の是非が何かと取り上げられるようになったため、特に大手の引越し業者では、過度に依頼を受けないようにしているのです。

これまでは、1社決め打ちで決まっていた引越し業者も、現在は、ネットなどで検索して、片っ端から連絡をとっていかないといけない次第です。


そして、そのようなときに便利なのが「引越し料金の一括見積もりサイト」です。


 こちら >> 引越し料金の無料一括見積もりサイト


本来は、一番安い引越し業者を探すために利用するものなのですが、現在では “空いている引越し業者” を探すために利用されています。


その中でも、登録引越し業者数が特に多いのが 「ズバット引越し比較」です。


 こちら >> ズバット引越し比較

  


登録されている200社以上の引越し業者の中から、引越しの地域などに合わせて十数社をピックアップして見積もり依頼をしてくれるそうです。


また、アリさんマークやアート引越しセンターなどの “大手の業者” に頼みたい場合には、同じ “スバット” の中に「ズバット引越大手業者比較」というものがあります。


 こちら >> ズバット引越大手業者比較


しかし、とにかく空きがない状況なので、こちらのサイトは今の時期はお薦めできません。


さらに、ピックアップされた業者の中から「見積もりを取る業者を自分で選びたい」という人には、「LIFULL引越し見積もり」がお薦めです。


 こちら >> LIFULL引越し見積もり

  


岡田結美のCMでお馴染みの「LIFULL HOME'S」の引越し部門です。

登録業者数は100社程度ということですが、LIFULL がピックアップした業者の中から見積もりを取る業者をこちらで指定できるところが素晴らしいです。


空いている引越し業者の見つけ方として、利用されてみてはいかがでしょうか。


posted by おは子 at 14:29| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする