楽天市場

2020年10月22日

スーパーストーンバリア フライパン

『ノンストップ!』に、“伝説のカリスマ実演販売士” レジェンド松下が登場し、
「スーパーストーンバリア フライパン(深型28cm)」を紹介していました。

 


このフライパン、通販系の番組ではすっかり “お馴染み” のものなのですが、『ノンストップ!(いいものプレミアム)』に登場するのは今日が “初めて” ということで、それが少し意外でした。


 

 こちら >> 【コパ公式】スーパーストーンバリアフライパン 28cm 深型実演販売のコパ・コーポレーション


このフライパンの特徴は、今さら言うまでもありませんが、
 食材が焦げ付きにくい
ことです。

どれ位焦げ付きにくいかについては、実演動画を見てもらえれば一目瞭然で、

 @ 薄焼き卵が、息で吹き飛ぶ
 A とろけるチーズが食パン側にくっつく
 B マヨネーズがつるつる滑る

など、“普通のフライパンではあり得ない” 現象を目にすることができます。

  ▼ こちら

 


これらの現象の秘密は、フライパンの表面に施されている「スーパーストーンバリア」というコーティングにあります。

“石のように固く” なおかつ “石のようにザラザラした” このコーティングは、簡単に言うと、“フッ素加工に凹凸をつけたもの” です。


この凹凸の中に空気が入るので、食材が離れ易くなるのです。


 スーパーストーンバリアフライパン.jpg


「 “ツルツル” よりも “ザラザラ” の方がくっつきにくい」という、“逆転の発想” とでも言うべき発見だと思います。


さらに、このスーパーストーンバリア・コーティングは、フライパンの内側だけでなく、外側にも施されています。


 


ですので、外側についてしまった食材も簡単に拭き取ることができ、手入れが簡単に済んでしまいます。

この点も、従来の「フッ素コーティングフライパン」との大きな違いです。


さらに熱伝導率もよく、均一に熱が伝わるため、フライパンのどの部分で調理しても、ムラなく、美味しく焼き上がるのとのこと。


スーパーストーンバリア フライパンは、いろいろなサイズのものが用意されているようですが、番組で紹介されていた「深型28cm」で、是非ともチャーハンを作ってみたいものです。


posted by おは子 at 16:22| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする