楽天市場

2020年10月12日

極主夫道 ドラマ

昨日より、テレビドラマ『極主夫道』が放送開始となりました。


 

 こちら >> 【公式】極主夫道|読売テレビ・日本テレビ系


『極主夫道』は、以前に広瀬アリスが “おすすめの漫画” として紹介していたこともあり、今回のドラマ化は、ずっと気になっていました。

 以前の記事はこちら >> 広瀬アリス おすすめの漫画


 
 (楽天ブックス


しかも、放送時間帯が、“ハズレなし” の日曜よる10時30分の日テレ枠です。

これは、期待しないわけにはいきません。


そして、実際の放送は

 @ BGMが良い(それっぽい)
 A カメラワークが凝ってる
 B オープニングが「ラジオ体操」

と、始まってすぐに「毎週観るドラマ 確定」となりました。


原作(漫画)との比較で言うと

 @ 原作に忠実に表現しようとしている一方で
 A ドラマ独自の展開も目指そうとしている

ことが分かります。


以前に「くらげバンチ(新潮社)」が、漫画のPRのために作った、原作を “忠実に実写化” した「実写版『極主夫道』PV」というものがあります。

 こちら  ↓    ↓

 


このPVと見比べると分かりますが、テレビドラマ版『極主夫道』は、“不死身の龍” の描写は原作通りを目指しつつも、さらに、主夫的な(ファミリー的な)要素を加えようとしているように思われます。

その具体型が、龍と美久の娘 “向日葵” の存在です。

 極主夫道_ファミリー.png


2人の名前が 「龍」「美久」であるのに対し、子供の名前が「“向日” 葵」であることに “ドラマ的な” 何かがありそうです。


白鳥玉季が、ドラマ(展開)のカギを握っているのではないでしょうか。


ちなみに、原作漫画は12月13日までの期間限定で、現在、第1巻がまるごと “無料で” 読めてしまいます。

 こちら >> 【極主夫道が12/13まで無料】まんが王国

原作との比較をしたい方は、この機会にどうぞ。



posted by おは子 at 18:38| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする