楽天市場

2020年09月13日

テプラ PRO MARK SR-MK1

キングジムから、テプラ(シリーズ)の新製品「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」が発売になるそうです。


 

 こちら >> KINGJIM(キングジム) テプラPRO MARK SR-MK1 ベージュ
     >> KINGJIM(キングジム) テプラPRO MARK SR-MK1 カーキ
      |南信堂 楽天市場店


Bluetooth接続により、スマートフォンで作成した内容を出力(プリント)することのできる “スマートフォン専用” のテプラです。


 TepraProMarkSR-MK1.png


「キングジムとしては初となるスマートフォン専用機種」との触れ込みですが、実は、キングジムからは、以前にもスマートフォン専用のテプラとして「テプラ Lite LR30」という機種が発売されたことがあります。


 こちら >> KINGJIM TEPRA テプラLite LR30 スマートフォン専用モデル

 


「専用アプリをダウンロードしたスマホで入力した内容をBluetooth接続により本体からプリントする」という仕様ですので、基本的な使い方は、今回の製品「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」とほとんど一緒です。


では、いったいどこが違うのでしょう?


一つめの大きな違いは、
4mmから24mm幅までの、“テプラPRO対応カートリッジ” が使用できる
ということです。


 TepraProMarkSR-MK1_02.jpg


以前の「テプラ Lite LR30」は、“専用の感熱テープ” を使用するタイプでした。

つまり、今回の新モデルでは、これまで(家で)使ってきた「テプラ PRO」のテープ(カートリッジ)が、そのまま使えるということです。


これは、大きいです。


そういう意味で、今回の「テプラ PRO “MARK” SR-MK1」は
キングジム初のスマートフォン専用 “テプラ PRO”
と言えます。


また、アプリも新たに、スマートフォン専用アプリ「Hello」となりました。


 TepraProMarkSR-MK1_03.jpg


アプリが新しくなったことで、テンプレートが豊富になり、さらに、まとめ編集のできる「一括作成」の機能なども加わりました。

そして、「タイムラベル」機能という、これまでにない機能が加わったことが、
二つめの大きな特徴です。


   TepraProMarkSR-MK1_04.png


この機能は、「印刷したラベルに日時や曜日などを紐付けしてアラームを設定することができる」というものです。

例えば、毎週火曜日と決まっている『不燃ゴミ』のラベルと紐付けることで、ゴミの出し忘れなどを防ぐことができるとされています。


 TepraProMarkSR-MK1_05.png


今は具体例があまり思い浮かびませんが、各人の工夫次第で、“かなり効果的な使い方” が考えられる機能だと思います。


私自身、普段の生活でも、テプラを多く活用しているほうです。

しかし、使わないときは、デスクの引き出しにしまってあるので、使うときにいちいちACをつないでセッティングするのが面倒でした。


それが、このようにスマホ操作が可能になったことで、問題はほぼ解決します。


これから先、テプラは一気にこのスタイルに替わっていくのではないでしょうか。


posted by おは子 at 07:36| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする