楽天市場

2020年09月08日

懐中電灯 ランタン になるバッテリー

「懐中電灯 ランタン になるバッテリー(DE-M20L-3350)」という “防災グッズ” が、今朝のフジテレビ『ノンストップ!』で紹介されていました。


 

 こちら >> 懐中電灯 ランタン になるバッテリー DE-M20L-3350楽天市場
 メーカー公式ショップ >> エレコム モバイルバッテリー DE-M20L-3350RD


これ一台で

 @ 懐中電灯
 A ランタン
 B モバイルバッテリー

さらには

 C 救難信号

としての “4通りの” 使い方ができます。


 DE-M20L-3350.png


スイッチを押すとLEDランプが光る一般的な「懐中電灯」ですが、本体の後ろ(お尻部分)を開けると


 DE-M20L-3350_01.jpg


このようにUSBケーブルが差し込めるようになっていて、モバイルバッテリーとしても使えるようになっています。


商品名からは、「モバイルバッテリー」が主体(懐中電灯等にもなるモバイルバッテリー)のようですが、私には、「モバイルバッテリーとしても使える懐中電灯」に見えます。


また、懐中電灯の光り方は、ボタンを押す回数で明るさが選べるようになっており


 DE-M20L-3350_02.png


“短く4回” 押すと、SOSのモールス信号の間隔で “点滅” するモードまでが搭載されているのです。

身に危険が迫ったときに、この “点滅” を救難信号として使用することができます。

非常時には、ずっと声を上げ続けることはできませんので、きっと役に立つことでしょう。


そしてさらに、「簡易ランタンとしても使える」ことが、この懐中電灯(モバイルバッテリー)の大きな特徴となっています。


 


ペットボトルに水を入れたまま、飲み口の部分に懐中電灯を逆さに置くと、ランタン代わりになることは、よく知られています。

ペットボトルの水によって、光が拡散されるからです。


しかし、この方法には、「ちょっとした揺れで懐中電灯が落ちてしまう」という問題もありました。


そこで、エレコムは、懐中電灯のパーツの一部を引き伸ばし、ペットボトルにしっかりとはめ込めるような設計(構造)にしたのです。


 DE-M20L-3350_03.jpg


しかも、ライト発光部は “防水仕様” になっているとのこと。


しっかりと固定されているので、ちょっとした揺れで外れることはありませんし、明かりを灯したまま移動することも簡単です。


これは、よく考えたものです。


防災グッズだけではなく、山登りなどのアウトドアグッズとしても良さそうです。


防災セットの中に、是非、加えておきたいアイテムです。



防災グッズ bohsai.shop
posted by おは子 at 17:24| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする