楽天市場

2020年07月25日

法廷遊戯

「法廷遊戯」というミステリー小説の新刊(第62回メフィスト賞受賞作)のプロモーションの仕方が面白いです。


 

 Amazon >> 法廷遊戯
 Rakuten >> 法廷遊戯 [ 五十嵐 律人 ]


内容は、“法廷ミステリー” ということです。


私はミステリー小説もよく読みますが、法廷ものの “映画” を観るのが大好きです。

しかし、その一方で、法廷ものの “小説” を読んだ記憶は、あまりありません。


法廷ものは、台詞が長めなので、小説で読むと何だか難しそうです。


ということで、出版社(講談社)がとったプロモーションの方法は、小説の冒頭部分(模擬法廷)をコミカライズし、公式サイトにて、先に読ませることでした。


 こちら >> 法廷遊戯(著:五十嵐律人)公式サイト │ 講談社


 法廷遊戯公式サイト.jpg


なおかつ、小説の冒頭部分(コミカライズされた部分の一部)までを無料で “試し読み” することができます。


コミカライズ版は、漫画ですので、当然に、スラスラと読めてしまいます。

そして、その後に “試し読み版” を読むと、同じように、スラスラと頭の中に入ってきます。

予め漫画で、話の内容が頭に入っているのですから、これも当然です。


すると、逆にこんなことを考えてしまいます。
「先に漫画を読んでいなくても、同じように理解できただろうか?」


「無辜ゲーム」などは、2回目の登場のとき、既に何と読むのかを忘れていました。


今、私が思っていることは
このコミカライズの続き(漫画)も是非作って欲しい
ということです。


むしろ、漫画の続きを先に読みたいです。


小説では、この模擬法廷(無辜ゲーム)の後、不可解な事件が続き、やがて殺人事件へと発展するそうです。


漫画なしで(文字だけで)、話についていけるでしょうか。


コミカライズ版の完成を望みます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

法廷遊戯【電子書籍】[ 五十嵐律人 ]
価格:1430円 (2020/7/25時点)



スーパーノーマル[ 永瀬清人 ]
posted by おは子 at 18:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする