楽天市場

2020年07月18日

ブランチおすすめパニック映画

今日の『王様のブランチ』では、「おうちで楽しめる!ブランチおすすめパニック映画特集」がありました。

 王様のブランチ.png


紹介されたパニック映画は以下の4本です。

 @ グエムル 漢江の怪物
 A パニック・ルーム
 B テロ,ライブ
 C ミスト

 
 
 (楽天ブックス


Bの「テロ,ライブ」という作品は、私は観たことがありません。


ですので、@ACの3本の中で言うと、

私の一番のお薦め作品は、@の「グエムル 漢江の怪物」です。

 こちら >> 「グエムル 漢江の怪物」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT



そして、“観ないこと” をお薦めしたい作品が、Cの「ミスト」です。

 こちら >> 「ミスト」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT



「グエムル 漢江の怪物」は、“怪物” の登場の仕方が唐突で、逆に妙なリアル感があるところが、とても気に入っています。

 

もしも本当に “ある日突然” 怪物が現れるとしたら、こんな感じなのだろうと思います。

また、ラストの “怪物の倒し方” も、意外とあっけない一方で、「我々(人間の)力で倒した」というリアル感(達成感)があります。


絶対に損はしないので、是非、観てください。


そして、問題作の「ミスト THE MIST」

 

スティーヴン・キング原作ということで、驚愕のラスト(謎解き)のようなものを期待すると思いますが、私の記憶では、そのようなことはありませんでした。
(ある意味、“驚愕のラスト” ですが・・・)

「霧の中に何かいる」

というところから始まり、次第に “霧の中にいる何か” も姿を現してくるのですが、「何故いるのか」「どのようにいるのか」については “謎” のままです。


 
 (楽天ブックス


ただ、分かることは
「このままではいけない」
ということだけです。


そして、モヤモヤとした気持ちを残し、映画は “最悪の終わり方” を迎えます。


ネタバレ的なことは書きませんが、結果的に
「あのままがよかったのか」
と思ってしまうような終わり方です。


とにかく “嫌な気持ち” を残したまま、映画は終わります。


そして暫くすると、誰かにこの映画を「絶対に観ちゃだめだよ」と、教えたく(薦めたく)なってきます。


嫌な気持ちを誰かと共有して、楽になりたいのでしょうか。


ということで、上記4作品の内「ミスト」だけは、絶対に観てはいけません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミスト [ トーマス・ジェーン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グエムルー漢江の怪物ー [ ソン・ガンホ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パニック・ルーム [ ジョディ・フォスター ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テロ,ライブ [ ハ・ジョンウ ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)


posted by おは子 at 17:32| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする