楽天市場

2020年05月31日

東島丹三郎は仮面ライダーになりたい

昨日放送の『王様のブランチ』で、麒麟の川島明が紹介していた
「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」という漫画(コミック)


 

 Amazon >> 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい(1) (ヒーローズコミックス)
 楽天Kobo電子書籍ストア >> 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい(1)


これは、とても読んでみたいです!


Amazon や 楽天Kobo などで一部(はじめの28ページ程)を “立ち読み” することができるのですが、読めば、さらに続きを読みたくなってしまうはずです。


主人公の東島丹三郎は、「(本気で)仮面ライダーになりたかった男」(という設定)です。

仮面ライダーになるために、東島丹三郎は、バイトでお金を貯めては、30歳まで “山篭もり(やまごもり)” を繰り返します。

そして、いつのまにか、熊と互角に戦える 程になってしまいました。


しかし、その “熊と戦える男” も、40歳になったある日に “仮面ライダーグッズ” を一斉処分してしまいます。

自分が死んだ後に、他人が勝手にコレクションを処分しないためです。


しかし、

「何ひとつ残さずに一人で完結しよう」と思った矢先、東島丹三郎の前に
ショッカー軍団(=コンビニ強盗)が現れるのです。(立ち読みはここまで)


この後、いったいどのような展開になるのか?

おおよその予想はつくものの、その先が読めません。


その一方で、コミックスは現在、第5巻までが発売になっています。

 


第5巻表紙のこのキャラは、いったい、何者でしょうか?


気になります。


“ヒーロになる夢(宿命)を持ち続けた男” というと、「フィッシュストーリー」という、多部未華子主演の映画に登場した “正義の味方(森山未來)” のことを思い出します。


 

 ▸ フィッシュストーリー楽天ブックス


「フィッシュストーリー」に登場した正義の味方も “本当に” 強かったです。


東島丹三郎は、どこまで強いのか?


このあと「ワンパンマン」のような展開になるのでしょうか?


 
 楽天Kobo電子書籍ストア


リアル店舗での立ち読みが自粛中だけに、気になってしかたありません。


 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 1-5巻 新品セット

posted by おは子 at 13:13| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする