楽天市場

2020年05月06日

飛沫防止シールド

ひさし専門店「ひさしっくす」を運営する企業「ジェイホークトレーディング」が、飛沫防止シールド「ヒサシールド」を開発し、発売したそうです。


 hisasixshield.png

 こちら >> ウイルス飛沫ガードのヒサシールド|庇専門店ひさしっくす


さすが、“ひさし専門店” の製品だけあって、以前にこの日記で紹介した “飛沫感染防止アクリルパーテーション” より、しっかりとした印象を受けます。


 以前の記事はこちら >> 飛沫感染を防ぐ SPLASH BLOCKER


全体に湾曲したカーブが付いているのも、飛んできたウイルスをキャッチするなどの、何か理由があるのでしょう。


 hisasixshield.jpg


私の近所のスーパーは、レジ前にビニールシートを吊るして飛沫を防止していますが、新型コロナウイルスの対策期間が長引けば、そのうちに、このような本格的なシールドに替わっていくものと思われます。

毎回替えなくてはいけないビニールシートに比べると、除菌スプレーなどで拭くことのできるシールドのほうが、長い目でみれば、安上がりに違いありません。


そして、さらに最近スーパーで気付いたことと言えば、店内で品出しをしているスタッフが、マスクの替わりに「フェイスシールド」を着用していることです。


  

  キーワード:



レジまわりの店員さんは、フェイスシールドではなくマスクを着用していますので、店内の作業(品出し)は、「マスクだと息苦しくなってしまう」ことが、理由なのでしょうか。

また、元々、ウイルスの大きさは、マスクの網目よりも小さく、「マスク自体にウイルスの予防効果は期待できない」という話もあります。


 飛沫感染_マスク.png
 (「飛沫感染、マスクの予防効果は?:朝日新聞デジタル」より)


そう考えると、飛沫感染の予防のためには、マスクからフェイスシールドに切り替えたほうがよいのかもしれません。


ただし、すでに感染している人がマスクを着用することの意味は大きく、今回の新型コロナウィルスに関しては、「自分が感染しているのかどうかもわからない」ということが、ひとつの大きな特徴となっています。


つまり、万全を期すのであれば

 @ 不織布マスク(穴の大きさ:5マイクロメートル)を着用し
 A なおかつ、フェイスシールドも着用する

という方法が、一番理想的なのです。


夏場に登場する「UV(カット)シールド付きの帽子」や、虫刺され予防の「ガーデニングハット」などでも、代用がききそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フェイスシールド付きハット 飛沫感染対策 UVカット 折りたたみ
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/5/6時点)


posted by おは子 at 16:24| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする