楽天市場

2020年05月01日

シェイプビート7

先日放送のフジテレビ『ノンストップ!』で、EMSマシーン『シェイプビート』シリーズの最新作「シェイプビート7」が紹介されていました。


 

 こちら >> シェイプビート7 Body&Faceディノス楽天市場店


商品名に「7」と付いていますので、“第7世代” ということになります。

つまり、これまで7回のマイナーチェンジが行なわれてきたのです。


今回の形が最終形かどうかは分かりませんが、これまでのモデル、そして他メーカーのEMSマシーンと比較してみて、今回のモデルには “明らかに違っている点” があります。


  シェイプビート7_01.png


それは、これまでのパッド型の導子(アクセルガード)の他に、新たに “スティック型の導子” が付属品として加わったことです。


このスティック型導子は、フェイス用に新たに開発されたものとのこと。
  
つまり、第7世代EMSマシーン「シェイプビート7」は、ボディだけでなく、顔の筋肉も鍛えることができるようになったということです。


この『シェイプビート』シリーズの特徴としては、アスリートが使うのと同じ、「業務用 5000HzEMS」を家庭用に応用しているということがあります。
  
家庭用EMSとしては、かなりパワフルなものなのですが、今回、「シェイプビート7」には、新たに “フェイスモード” というものが搭載されました。


  シェイプビート7.jpg


「スティック型フェイス導子」と「フェイスモード」の組み合わせで、顔の土台となる繊細な筋肉にも、パワフルで快適な刺激を与えることが可能になったそうです。
(ピリピリ感や痛さは、まったく無いとのこと。)


さらに、これまで “お腹” と “背中” にしか使用することができなかった「サイクロンEMS」が、 “四肢の関節まわり” と “ヒップ” にも使用可能になりました。


  


「サイクロンEMS」は、ぐるぐると回転するように与えられる刺激をランダムに組み合わせたプログラムで、“ストレッチ” のような効果があるそうです。


「シェイプビート7」に搭載されたモードをまとめると

  ・おなか
  ・ウエスト
  ・せなか
  ・ヒップ
  ・太もも
  ・うで
  ・バスト
  ・肩
  ・腰
  ・ふくらはぎ
  ・フェイス
  ・サイクロン(ストレッチ)

となっており、これ一台で “ほぼ全身” に使用できることになります。


最近は、顔の筋肉(表情筋)のケアが特に注目され、フェイス専用のEMS機器も数多く発売され始めています。


フェイス専用のマシンには、フェイス専用ならではの良さがありますが、このように、一台で “フェイスにも使える” マシンというのも、なかなか魅力的なのではないでしょうか。


 ※ 現在、“半額以下” の特別価格で提供中です。
   ↓   ↓



毛穴の開き・黒ずみを治す化粧品の比較@おすすめランキング
ラベル:フェイス EMS 筋肉
posted by おは子 at 13:35| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする