豊洲市場ドットコム

2020年04月04日

んめ

先ほど『王様のブランチ』の「買い物の達人」に登場した、梅干専門店『本場紀州梅干 熊平の梅』の “店員さんお薦めの梅干” の名前(商品名)が、「んめ」でした。


 

 こちら(楽天市場) >> 熊平の梅 んめ


「しりとり」のルール上、日本語には存在しないと言われている「ん」ではじまる言葉が “商品名” であることに、まずは感動しました。
(商標登録済ですので、しりとりでも有効のはずです。 ※登録4288311


梅干自体の特徴は、はちみつ入りの “うす塩味梅” で、
一粒が、とても大きい ことです。


 んめ.jpg


普通の梅干は、2週間も漬ければ完成するのですが、超大粒「んめ」は、4週間は漬けないと完成しないとのこと。

そのため、“種” までしっかりと味がしみているそうです。


「特選A級紀州南高梅」を使用した、一粒400円の “高級梅干” です。


そして、この「んめ」の “さらに上を行く” 高級梅干「壬申年の梅(みずのえさるどしのうめ)」も、『王様のブランチ』で紹介されていました。


 


なんと、28年前 の梅干です。


  こちら(楽天市場) >> 【60年に1度の梅干】壬申年の梅 〜28年物〜


申年(さるどし)の梅は、昔から「縁起の良いもの」とされてきたそうですが、その中でも “60年に一度” の壬申年(みずのえさるどし)の梅は、さらに縁起が良くて、「薬になる」と言われてきたのだそうです。


そして、その味は、とてもすっぱい とのこと。


「良薬口に苦し」ということで、この梅干で、新型コロナウィルスも撃退できるとよいのですが・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【60年に1度の梅干】壬申年の梅 〜28年物〜
価格:13370円(税込、送料無料) (2020/4/4時点)





ラベル:梅干 高級 紀州
posted by おは子 at 16:24| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする