楽天市場

2020年03月07日

デジタルキャラクターと一緒に暮らす Gatebox

先ほど放送の『王様のブランチ』で、二子玉川の蔦谷家電にて “最新トレンド家電” のお披露目がありました。


幾つかの最新家電が紹介されたのですが、その中でも、
「Gatebox」という “デジタルキャラクターと一緒に暮らす” ガジェット
(バーチャルホームロボット)に私は一番に驚きました。


 Gatebox.jpg

 こちら >> Gatebox キャラクター召喚装置 GTBX-100JP


商品説明には
「Gatebox」とは、キャラクターと一緒に暮らすために
 開発されたキャラクター召喚装置です。

とあります。


いったい、どのように召喚するのか?


この装置には「リアプロジェクション投影技術」というものが用いられており、まるで、今そこに居るかのように、ボックス内にキャラクターを出現させることができるのだそうです。


さらに、本体に内蔵されたカメラやマイク、そして人感センサーが、目の前の人物を “認識” します。

顔や動きまでを認識するので、ユーザーの顔を見つけて、キャラクターが微笑んだりするようなしぐさもするそうです。


『王様のブランチ』で紹介(召喚)されたキャラクターは、逢妻ヒカリという “癒やしの花嫁” でした。


 


話し相手となった藤森慎吾さんも上手いのでしょうが、“普通に会話が成立” しているようにしか見えません。


 


これは、やばい商品が発売されたものです。

しかも、15万円という値段にも関わらず、既に相当数が売れているとのこと。


私は、個人的に買いたいとは思いませんが、知り合いに「Gatebox を買った」という者が現れたならば、すぐにでも遊びに行きます。


どれぐらいリアルなのか、見てみたいものです。


 

posted by おは子 at 15:20| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする