楽天市場

2020年01月30日

テープの端を折り返し タブも作れるテープカッター

セロハンテープなどを使っていると、テープの端が本体に貼りついて同化してしまい、どこにあるのか分からなくなる事があります。


 セロハンテープ.jpg


そのような事にならない為には、(作業を終えるときに)テープの端を折り返して、「タブ(折り返しタブ)」と呼ばれるものを作っておくのが、有効的な方法です。


そして実は、その「タブ」を “テープカッター側で作ってくれる” 便利な製品も発売されているのです。

テープを切るたびに自動で(勝手に)作ってくれるものや、簡単な操作を行うことで作ってくれるものなど、その方式は様々です。


その中でも、私が特にお薦めするのは、横田文具の「タブも作れるテープカッター」という製品です。


 

 こちら >> タブも作れるテープカッター 大【横田文具】


何もしなければ、普通のテープカッターとして使うことが出来、テープをカットした後に、刃のついたパーツを指で押すことで、簡単にタブを作ることが出来ます。


 タブも作れるテープカッター.jpg


この「タブも作れるテープカッター」のおすすめポイントですが、この手のタイプのテープカッターが、卓上型の “割と大きなもの” が多い中で、横田文具では、ハンディタイプ(手持ち用)の小型テープカッターも開発・販売していることです。
 
 こちら >> タブも作れるテープカッター 小【横田文具】


ハンディタイプも、タブの作り方そのものは大きいタイプと一緒です。


 タブも作れるテープカッター_小.jpg


そして、次に使うとき(テープを一度引き出した後)は、(刃のついたパーツが元の位置に戻るので)通常のテープカッターとして使えることも大きなポイントです。


 


つまり、「必要なときにだけタブを作ることができ、すぐに元に戻る」というのが、この横田文具の「タブも作れるテープカッター(大・小)」の特徴と言えます。

 

テープの端が行方不明になることは、実は、手持ちタイプの小型のテープカッターのほうで起こりがちです。

そういう意味で、小型のテープカッターにも同様の機能が付いているのは、かなり良いことのように感じます。


デザインもかっこ良く、普通に使いたくなるテープカッターだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


タブも作れるテープカッター 大【横田文具】

価格:3278円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


タブも作れるテープカッター 小【横田文具】

価格:627円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

posted by おは子 at 14:42| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする