楽天市場

2020年01月12日

映画 シライサン

現在公開中のホラー映画「シライサン」


 


 ・・・とても怖いです。


しかも、ただ怖いだけではありません。

謎解き的な要素がとても強く、「リング」「貞子」に通じる怖さ(おもしろさ)があります。


映画「シライサン」の原作・脚本・監督は、ミステリー作家・ライトノベル作家の乙一(おついち)こと安達寛高氏。

安達寛高は、いくつかの作家名で作品を執筆していたことでも知られています。

    乙一 ⇒ ミステリー(黒乙一)& ライトノベル(白乙一)
  山白朝子 ⇒ 怪談小説
  中田永一 ⇒ 恋愛小説
 越前魔太郎 ⇒ 魔界探偵冥王星O

そして、この映画では、安達寛高(乙一)とクレジットされています。

原作である「小説 シライサン」の作家(名)は乙一です。


このことからも、ミステリー的な要素が強い作品であることが分かります。


 


個人的に、この映画の面白さは

 @ 恐怖の内容が単純であること
 A 背景に、ちゃんとした理由があること
 B 解決策も存在すること

であると思っています。


予告編でも公開している通り(=ネタバレではない)、「恐怖の内容」は

 @ 異様に目の大きな女(シライサン)が、現れる
 A シライサンは “見ている間” は襲ってこない
 B 目をそらすとシライサンは襲ってくる
 C シライサンに襲われた者は “目を破裂させて” 死ぬ

ということです。


ちなみに、「シライサン」は「白井さん(=人の名前)」ではありません。
(=少しネタバレ)


 


目をそらさないで1〜2時間が経過すると、シライサンはいなくなるのですが、

シライサンはまた現れ、それは一生続くことになります。


つまり、“この恐怖から逃れることはできない” のです。


  


「恐怖から逃れることはできない」ホラー作品というと、私は真っ先に「リング」のことを思い浮かべます。

そして、この映画「シライサン」には、「リング」との共通項が幾つかあります。


ネタバレ的なことは、これ以上書きませんが、「リング」では

 @ ビデオに焼き付けることで、貞子は呪いを “拡散” させようとした
 A ビデオをダビングする(拡散する)と、呪いから逃れられる

という基本的なルール(解決策)がありました。


さらには

 @ 貞子は超能力者・山村志津子の娘
 A 貞子と高山竜司は、実は姉弟

という “謎解き” の要素もありました。


映画「シライサン」でも、同様の設定が用意されています。

そして、この設定が、この映画を「ただ怖いだけではない」作品にしています。


怖いもの自体が苦手でない方、
そして、ミステリー好きの方に是非とも観て欲しい映画です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シライサン【電子書籍】[ 乙一 ]
価格:990円 (2020/1/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリジナル・サウンドトラック シライサン [ 中川孝 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/1/11時点)


posted by おは子 at 01:46| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする