楽天市場

2020年01月07日

スマホを落としただけなのに ※ネタバレあり

※ 以下、一部ネタバレありますので、ご注意ください。


昨日は、映画「スマホを落としただけなのに」のテレビ放映がありました。


この映画は、映画館で観ようと思いつつ、とうとう観に行けず、

「そのうちにDVDかネットで」と思っていたところ、第2弾「スマホを落としただけなのに 〜囚われの殺人鬼〜」の公開が決定し、

しかも、第2弾のターゲットは、白石麻衣。

 


「これは、ヤバイぞ」と思っていたところの、テレビ放映でした。


まさにタイムリーな放映で

TBSに “大感謝” です。


そして、肝心の映画の内容なと言うと、

これが、相当に面白い のです。


スマホを落としたことの “恐怖” そのものも面白いのですが、犯人・浦野(成田凌)と刑事・加賀谷(千葉雄大)のキャラ設定が、まずは面白いです。

二人共、似たような境遇の持ち主であり、同じような能力を持っています。


この頃(第1弾の制作)から既に “第2弾” の構想があったということでしょうか。

そして、原作ではどのような設定になっているのでしょうか。


  


さらには、浦野のターゲットとなった稲葉麻美(北川景子)も、「実は “成りすまし” だった」という “大どんでん返し” 。


この大どんでん返しは、意外にもそのままスルーされ、第2弾では稲葉麻美は(稲葉麻美のまま)富田(田中圭)と結婚するようです。


「日常的に “成りすまし” は存在し得る」ということを表しているのでしょうか。


だとすると、刑事・加賀谷も、ある意味、“成りすまし” であると言えなくもありません。(もちろん、正真正銘、本物の刑事ですが・・・)


そのようなことを感じさせつつ、第2弾「スマホを落としただけなのに 〜囚われの殺人鬼〜」では、加賀谷が主役です。

しかも、犯人・浦野とタッグを組むとのこと。


 



監督・脚本は、第1弾と同じ


 ・監督:中田秀夫(「リング」)
 ・脚本:大石哲也(「デスノート」)。


これは、面白くないわけがありません


白石麻衣も出演ということで、これは絶対に、映画館の大きなスクリーンで観たいものです。


posted by おは子 at 15:29| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする