楽天市場

2019年11月19日

大仏廻国 京都でロードショー公開

「大仏廻国(だいぶつかいこく) The Great Buddha Arrival」という映画が、11月22日より、京都でロードショー公開されるそうです。


 大仏廻国.jpg

 こちら >> 映画『大仏廻国』公式サイト


はじめて、このニュースを知ったとき、私は
 「何、それ?」
と思ったのですが、どういった内容(経緯)の映画なのかが分かってくると
 「何、それ!?」
と、さらに興味が増してきました。

まだ公開前なので、当然、映画はまだ観ていませんが、“観る前から人に教えたくなる” ような内容です。

■ まず第一に、この映画が “リメイクもの” であるということ。
つまり、この作品の前にも「大仏廻国」という映画が存在したことになります。

フィルムは戦災により焼失してしまったということですが、その一部は、この映画の「特報予告編」の中に見ることができます。
          ↓            ↓
 


「こ、これは!」というような内容です。


1934年に製作されたという旧作「大仏廻国・中京編」は、“日本ではじめて、着ぐるみとミニチュアのセットを用いて撮影された特撮映画” として評価が高いそうです。

私は、「大仏廻国」という映画が昔にあったことすら知らなかったのですが、
一部のファンの間で、復活を望む声は高く、

■ クラウドファンディング・サイトに「リメイク版の製作企画」が立ち上がることになります。

  こちら >> 円谷英二の師・枝正義郎が1934年に制作した映画「大仏廻国」の復活プロジェクト!

しかし、12万9,000円しか資金が集まらず、このクラウドファンディングは失敗。

その次にとった施策が、
「再び、クラウドファンディング企画を立ち上げる」 というものでした。

  こちら >> 仏像ファン、特撮ファン必見!映画『大仏廻国』製作支援プロジェクト!|Makuake

2回目のクラウドファンディングでは、より詳細な説明を行ったことなどもあり、
148万1千円の支援金を集めることに成功し、製作が決定しました。

そして、本編は昨年末に完成。

支援者の方へ向けたプレ上映会、ヨーロッパ上映会などを経て、
いよいよ今月、京都にて一般上映開始 となるわけです。


ちなみに、最新の予告編映像はこちら。
          ↓            ↓



この大仏は、いったい何のために徘徊しているのか?

物語の後半には天国と地獄も登場するということですが、ストーリー的な展開が何一つ掴めません。


気になることだらけの映画です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦前日本SF映画創世記 ゴジラは何でできているか [ 高槻真樹 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)


ラベル:映画 特撮 大仏
posted by おは子 at 15:38| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする