楽天市場

2019年10月19日

Colorful カラフル

現在公開中のタイ映画「ホームステイ ボクと僕の100日間」




「当選しました」その声で、死んだはずの“ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになった。ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、新生“ミン”として“ボク”はもう一度人生をスタートさせる。
(「映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』公式サイト」より)


あらすじを読んで分かる通り、原作は、森絵都の小説「カラフル」です。


  

 こちら >> カラフル [ 森 絵都 ]
     >> カラフル (文春文庫) [ 森 絵都 ]


小説「カラフル」の出版は1998年ですが、私は、2010年に制作されたアニメ映画版「Colorful カラフル」でこの作品のことを知りました。


  

 こちら >> Colorful カラフル|サンライズ公式サイト
     >> https://youtu.be/3XmFSSAaeos


そして実は、2000年には 田中聖主演で実写映画化もされているのですが、私はいまだにその映画は観たことがありません。


 カラフル実写映画.jpg


私にとっては、2010年制作のアニメ「Colorful カラフル」がすべてです。


もう10年近く前の作品で、私はすっかり歳をとってしまいましたが、「(はじめて出来た)友だちと同じ高校に行きたい」と真(主人公)が訴える “夕飯のシーン” では、今も泣けます。

おそらく観た人全員が、例外なく泣くシーンなのではないでしょうか。


そして、ラスト


真の体に入り込んでいた “ぼく” が “前世に犯した罪” を思い出し、


明日へとつながります。


森絵都の小説「カラフル」が、今回、3度目の映画化ということですが、

私個人としては、この機会に、是非とも2度目に映画化(アニメ化)された「Colorful カラフル」を皆に見てもらいたいものです。


posted by おは子 at 15:47| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする