楽天市場

2019年10月17日

ドラマ 死役所

今日は、ドラマ(テレビ東京・ドラマホリック)「死役所」の第1話の放送がありました。


 

 こちら >> ドラマホリック!死役所|主演:松岡昌宏|テレビ東京


「死役所」は、「きゃりーぱみゅぱみゅが原作漫画の大ファン」とテレビで紹介されたのを見てから、私も原作のファンになり、さらにドラマ化もされるということを知って、オンエアを楽しみにしていたドラマです。


 

 こちら >> 死役所 1巻 (バンチコミックス)


そして、期待の第1話

感想を言えば

 原作の雰囲気に合っている・・・ような気がする

というのが、率直な気持ちです。


第1回目の放送ということもあって、どうしても説明的な内容になっていましたし、各登場人物(メインキャスト)も少しずつしか出てこないので、まだ何とも言えないのです。


しかし、原作の雰囲気を大きく裏切るような内容でなかったことだけは確かです。


そして、第1話で同時に感じたことは、このドラマは

 ゲスト俳優の演技力が大きく試されるドラマ

であるということです。


ドラマは、ほとんど “死役所内” で展開していきます。

つまり、“閉じられたセット内” で淡々と展開していくのです。


再現ドラマのようなものはあるものの、ゲスト俳優の方は、セット内で(デスクを挟んで)、主人公・シ村(松岡昌宏)に対し、“自分が死んだわけ” などを、“モノローグ的に” 語らなければなりません。


そして、この “自分が死んだわけ” こそが、ドラマのメインテーマなのですから、


 これは責任重大です。


当然、役者に対しは、それなりの演技力が要求されます。


そういう意味で言うと、第1話のゲスト(主役)である “自殺した少年・鹿野太一” を演じた織山尚大君は、「随分と頑張っていたな」と思いました。

後で番組のHPで知ったのですが、織山尚大君は「少年忍者(ジャニーズJr. )」というアイドルグループの一員なのだそうです。

主演が松岡昌宏ということもあってのキャスティングなのでしょうが、それだからこそ逆に、並々ならぬプレッシャーがあったのではないでしょうか。


そういうことを踏まえると、さらに評価は高まります。


これは、第2話以降のゲスト俳優の方は、絶対に気を抜くわけにはいきませんね。

ちなみに、第2話のゲスト俳優は、酒井若菜さんだそうです。





posted by おは子 at 02:14| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする