楽天市場

2019年09月25日

消費税増税 ネット通販は注文日に注意

本日、楽天市場で買い物をしたところ、注文確認画面に次のようなメッセージがあることに気付きました。

 消費税増税について_楽天市場.jpg

 こちら >> 楽天市場


まずは

「画面に表示されている価格は、新旧税率が混在している可能性があります」

とあります。


今日(9月)の時点で既に新消費税率(10%)の価格を表示しているショップもあるということでしょうか。

まあ、仮にそうであったとしても差額分については、注文日に応じて減額してくれるはずです。


しかし、気になったのは、その次の文章です。

「旧税率で注文完了した後でも、ショップからの発送が10月1日以降になる
場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。」


と言うのです。


 えっ!


この点について、私は 思い違いをしていました。

9月中に注文を済ませれば、旧消費税率(8%)で購入できると思っていたのです。


ところが、ネット通販の場合は、どちらの税率が適用されるかは “注文日” ではなく “商品出荷日” で判断するそうです。


 消費税増税について_楽天市場.png


これは、消費税が「サービスが提供された(消費された)」ことに対してかかる税金だからです。

ネット通販の場合は、“商品の発送” をもって「サービスの提供が完了した」とみなされます。


消費税増税に際し、どうやらネット通販では「注文日」ではなく「出荷日」に注意しなければならなかったようです。


私は偶然にも今日気付くことができましたので、何とか間に合いそうです。


 

ラベル:消費税 増税 通販
posted by おは子 at 16:13| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする