楽天市場

2019年09月20日

乾かす時間を25%短縮 プラズマクラスター ドレープフロードライヤー IB-WX1

シャープが、新しい形状のドライヤーを新発売するそうです。





「プラズマクラスター ドレープフロードライヤー IB-WX1」という商品で、ノズルが付いていない(短い)ことが大きな特徴です。


 こちら >> シャープ SHARP プラズマクラスタードライヤー IB-WX1


風は左右の吹き出し口から出るようになっています。


  IB-WX1.jpg


そして、ノズルが短いので持ったときに重さを感じないばかりか、“広範囲に風が届く” ように設計されているのです。


これは、ヘアサロンで髪を乾かすときに、2つのドライヤーを使っていることからヒントを得たとのこと。

2つの吹き出し口から出る風が、髪を押し分けて “立体的に” 髪を乾かすので、これまでのモデルに比べて “乾かす時間を約25%短縮” できるようになったのだそうです。


「楽に、早く」というヘアドライヤーの理想の形がここに実現しました。


また、髪との距離に応じて温度を切り替える「SENSING」モードを搭載しており、髪の表面温度が(髪を傷める)55度以上にならないように自動調整する機能まで搭載されています。

さらに、スマートフォン(専用アプリ)と連携して「自分好みのモードをカスタマイズできる」など


 新しいのは、形状だけではないようです。



posted by おは子 at 11:24| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする