楽天市場

2019年08月19日

砂切子

『所さん お届けモノです!』に “「砂切子」のグラス” というものが登場しました。


 砂切子.png
   (画像:「ル・ノーブル」より)


「砂切子」というグラス(技法)を、私ははじめて知ったのですが、「江戸切子」の一種なのだそうです。


江戸切子は、通常は直線的な模様をガラスに描いていきます。
 
そしてその一方で、面で削る「平切子(ひらぎりこ)」という技法もあります。

 平切子.png
 (画像:「note ――つくる、つながる、とどける。」より)


『所さん お届けモノです!』に登場したのは、この「平切子」の技法と「サンドブラスト」という加工技術を組み合わせた「砂切子」というものでした。

制作者は、江東区・清澄白河にあるガラス工房「GLASS-LAB(グラス・ラボ)」

商品名・キーワード:



「サンドブラスト」というのは、細かな砂をコンプレッサーの空気でガラスに噴射して模様をえがく技術です。
 

この「サンドブラスト」で描く細かな模様と「平切子」で生み出される “面” が組み合わさるとどのようになるか?

 砂切子.jpg

グラス底面の模様(サンドブラスト)が、側面(平切子)に映りこんで、“万華鏡” のような効果を生み出すのだそうです。


さらに、水(お酒)を入れることにより、屈折率が変わり、いろいろな表情を見せてくれる “魔法のようなグラス” とのことです。
 


GLASS-LAB の砂切子作品は、現在「さくら」「花火」「楓」の3種類があります。

「さくら」と「花火」は「ブランド洋食器の店ル・ノーブル」のネット通販でも購入できますが、人気商品のため、現在受注分の発送開始は11月下旬頃になるそうです。


こういうお洒落で高級なグラスをひとつは持ってみたいものですね。


  

posted by おは子 at 16:30| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする