楽天市場

2019年08月16日

いつかの岸辺に跳ねていく

今、書店員さんから熱く支持されているという小説

加納朋子の「いつかの岸辺に跳ねていく」


 

 こちら >> いつかの岸辺に跳ねていく


TBS『王様のブランチ』で特集されていたのを見て、面白そうだなと思ったので、読んでみました。

※ 以下、少しネタバレになります。
  予備知識なしに読みたい方は、この先は読まないでください。



まずは、「最後まで読んで本当によかった」と思える作品です。


全体は2部構成になっています。

メインとなる登場人物は、幼馴染の徹子(てつこ)と護(まもる)。


そして、第一部「フラット」が “護の視点” で描かれ、第二部「レリーフ」が “徹子の視点” で描かれているところに、この小説の特徴(仕掛け)があります。


第一部で起こる “不思議な出来事” の謎が、第二部で明かされるという構成です。


その “不思議な出来事” のひとつに、

二人が子供の頃、護が交通事故に遭い、見舞いに来た徹子が、護の側で

「ごめんね、マモル」

と号泣するというものがあります。


もちろん、交通事故は徹子のせいではありません。


何故、泣くのか?


それは、徹子には “未来が見える” 力があったからです。


 mirai.jpg


悲惨な未来が見えるたびに、徹子は何とかしてそれを回避しようとしてきました。


 ・幼馴染への贖罪
 ・親友の救済


この2つが、現在の “徹子の使命” なのだそうです。


坦々とした第一部から一転して、第二部はミステリーのような展開になります。


 ・未来は変えられるはずがない
 ・未来を変えるとよくないことが起こる


「おそらくハッピーエンドでは終わらないだろう」と思いながら読み進めていくと


最後は、あまりにも見事なハッピーエンド でした。


是非、読んでみてください。


幼い徹子の前に現れ、「未来を祝福する」と言った “神様” に注目です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いつかの岸辺に跳ねていく [ 加納朋子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)


posted by おは子 at 16:15| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする