楽天市場

2019年07月23日

ソアリン

東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が、本日、ついにグランドオープンとなりました。


 

 こちら >> 【公式】ソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー


ソアリンは、2001年にカリフォルニアのディズニーランドに登場した「世界12か国の “空の旅” を楽しむことのできる」アトラクションです。

 2005年:フロリダ
 2016年:上海

と導入され、いよいよ “日本初上陸” です。


ソアリン(soarin')の「soar」とは、「急上昇」「舞い上がる」と言った意味の英語です。

その名の通り、足下まで広がるスクリーンに空撮映像が映し出され、上下左右に揺れるシート、「風」や「匂い」などの効果が加わり、“実際に空を飛んでいる” かのような気分を味わえるとのこと。


私はまだ乗っていませんが、SNSの情報をまとめると以下のようになります。

 ・プレショーが既に “すごい”
 ・浮遊感が “すごい”
 ・絶叫系とは違う
 ・乗り物酔いはしない
 ・高所恐怖症の人は無理

そして、初日(開園直後)の待ち時間は 350分(約6時間) だったそうです。


これは、“絶対に” 乗ってみたいですね。


東京ディズニーシーのソアリンは、海外のものとは内容が少し違うということですので、海外から訪れる人も多いのではないでしょうか。


さらに、そういった海外から訪れる人には、「 “ここ(日本)でしか買えないソアリン関連グッズ” もまた魅力のひとつになるのでは」とのことです。


実は、海外ではソアリンは、ミッキーなどのディズニーキャラクターと組み合わせてグッズとなることがないのです。

それが、東京ディズニーシーでは

 ・操縦士姿のミッキーのぬいぐるみ(バッジ)
 ・操縦士姿のミッキーをあしらったゴーグル(ファッション用グラス)
 ・操縦士姿のミッキーをあしらったバンダナ

など、ディズニーキャラクターとコラボしたグッズが数多く売られます。


 こちら >> スペシャルグッズ|【公式】ソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー


これらのグッズ目当てで、海外から東京ディズニーシーを訪れる人が増えるとすると、(日本にとって)その経済効果は計り知れません。


そして、この「TDS版ソアリン」の最後には “東京の景色” が映し出され、さらに “スペシャルな演出” が待っているとのこと。


2〜3時間待ちは覚悟して、“なる早” で体験したいものです。



楽天トラベル

posted by おは子 at 16:32| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする