楽天市場

2019年07月18日

ルパンの娘

今夜はドラマ「ルパンの娘」の第2話の放送があります。


 

 こちら >> ルパンの娘 - フジテレビ


「ルパンの娘」は、今現在、今期のドラマの中で一番放送を楽しみにしているドラマです。

しかし、その一方で、実を言うと、第1話の放送を観るまでは、それ程期待していなかったドラマであったのも事実です。


第1話の放送も「サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―(第1話は10分拡大スペシャル)」の続きで観たので、実は、頭の10分ほどを見逃しています。
・・・

にもかかわらず、観終わったときには、「サイン」を抜いて、“毎週欠かさず観るドラマ” に格上げとなりました。


“下らない” のだけれど、そこはかとなく “かっこいい” のです。


怪盗のイメージは “キャッツアイそのまま”
BGMは「ロミオとジュリエット」
たまに見せる、ミュージカル調の演出・・・


  musical_dancer.png


これでもかと言わんばかりに、ぶっこんできます。


“ほぼノーチェック” の作品でしたから、当然、原作も読んでいませんでした。


 


原作『ルパンの娘』の著者は、横関 大。

2015年の発行ということですから、実は、比較的古い作品です。


 こちら >> ルパンの娘


そして、当然ながら、原作も “ばりばりのコメディ” であるべきなのですが、

実は、意外とまともなミステリー小説 なのです。


「ロミオとジュリエット」の “警察家” と “泥棒家” 版という設定は同じですが、そこにある事件(三雲巌事件)が絡んできます。

ドラマも原作通りの展開だとすると、原作を先に読んでしまうと少し後悔をするかもしれません。

ラストにはちょっとした “どんでん返し” もあるからです。


そして、深田恭子演じる主人公・三雲 華 のイメージも、原作とドラマとでは少し違います。

原作でもドラマでも “健気な女性” であることは変わりありませんが、やはり、ドラマでは深田恭子のイメージがだいぶ被ってきます。


 


個人的には、深田恭子は大好きなので、このキャスティングを否定するつもりは毛頭ありませんが・・・。


このドラマを面白いと思った方で、原作にも興味を持った方は、まずはドラマ全部を観終わってから原作を読むことをお薦めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2019/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電子書籍】
ルパンの娘[ 横関大 ]

価格:635円 (2019/7/18時点)




フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

posted by おは子 at 14:11| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする