楽天市場

2019年07月14日

道尾秀介 いけない 地図の謎

道尾秀介のミステリー小説・最新作「いけない」


 

 こちら >> いけない


『王様のブランチ』の「BOOKコーナー」で特集されていたものを見て、「さっそく読まなくては」とネットで検索したところ、こんなものを発見してしまいました。


 こちら >> 【期間限定】道尾秀介最新作『いけない』第一章まるごと試し読み&謎解きチャレンジ!


「文藝春秋BOOKS」さんのサイトですが、何と、第1章がまるごと “無料で試し読み” 出来てしまうのです。

サイトには次のように書かれています。

『いけない』第一章「弓投げの崖を見てはいけない」をラスト1ページの写真まで読んで、謎解きに挑戦してみてください。正解者から抽選で5名様に、道尾さんからスペシャル・プレゼントをお贈りします。
 第一章の謎の手がかりは、第一章の中にすべて書かれています。サイトでの正解発表はございませんが、答えは『いけない』を読み進めると見えてきます。


この小説「いけない」は、4つの章から成り立っています。


  第一章 弓投げの崖を見てはいけない
  第二章 その話を聞かせてはいけない
  第三章 絵の謎に気づいてはいけない
  終 章 街の平和を信じてはいけない


そしてさらに、表紙の裏には、各章を読み解くためのヒントが記されています。


  第一章 死んだのは誰?
  第二章 なぜ死んだの?
  第三章 罪は誰のもの?
  終 章 ・・・・わかった?


この時点で、既にダマされているような気もしますが、

さらにもうひとつ大きな仕掛けが、各章の最後に用意されています。


※ 注意!:第一章をまだ読んでいない方は、ここから先は、一部ネタバレになります


各章のラスト1ページには “1枚の絵” が描かれていて、その絵を見たときに “物語の真実” に気付くのだと言います。


そして、第一章のラスト1ページに掲載されている “絵” というのが、 “1枚の地図(折り目付き)” です。


 いけない_地図01.jpg


これは、第一章の冒頭に「白沢市・蝦蟇倉市サイクリングマップ」として掲示されていたものと同じ地図です。


 いけない_地図.jpg


ラスト1ページと同じ部分を拡大するとこんな感じです。


 いけない_地図02.jpg


さらに、重ねて比べてみると、こんな感じ。(赤い方がラスト1ページの地図です)


 いけない_地図03.jpg


ラストの地図にはあって、冒頭の地図には無いもの

 それは、ゆかり荘 の位置 です。

つまり、これは隈島が持っている(いた)地図ということになります。

(ゆかり荘の位置を描き加えたのは隈島ですから。)


これは、「車に轢かれたのは隈島」ということを意味しているのでしょうか。

しかし、そうすると「謎解きチャレンジ」第2問の選択肢に「地図」がありません。

「音もなく落下した」とあることから、紙切れ(地図)だと思ったのですが・・・


それとも、「この位置関係を気にしながらもう一度読み返してみてください」ということでしょうか?


位置関係を気にして読むと、「フロントガラスの右側」から現れたのは、“やはり” 隈島ですよね。


正直な話、この時点では、私はこの地図の謎(もうひとつの “真相” )にまったく気付いていません。


ここは、観念して、第二章から先を読んでみるしかありませんね。

  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いけない [ 道尾 秀介 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/13時点)


  
posted by おは子 at 02:28| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする