豊洲市場ドットコム

2019年07月13日

シンギングボウル

先ほど『王様のブランチ』に登場した「シンギングボウル」という楽器が “凄すぎ” ます。


 シンギングボウル.jpg


シンギングボウルというのは、チベット密教で用いられる法具のひとつです。

叩くと鐘の音のような音が響き、また、ボウルのふちを円形にこする「リミング」という手法によっても “音(倍音)”を奏でることができます。


 


上の動画で、後からBGMで付け足したかのような “響き(倍音)” が聞こえているかと思いますが、本当に、このような “不思議な響き” がその空間中に広がります。

発信源はシンギングボウルですが、空間全体が楽器となって “共鳴” していると思ってよいのではないでしょうか。


この不思議な音を奏でるコツは

 ・ボウルとスティックの角度
 ・ボウルをこする圧
 ・回すスピード

そして、「感じ取ること」ということなのですが、そう簡単にはマスターできないようです。


さらに、シンギングボウルは、7種の金属から “すべて手作り” で作られており、そのため、ボウルによって “鳴らし方もすべて違ってくる” のだそうです。

圧を強めにかけないとならないボウルがあったり、かなりゆっくりこすらないと振動を感じ取ることができないボウルなどがあるそうです


 


シンギングボウルは “チベット密教で用いられる法具” です。

その形状や、製作過程には “チベット密教の宇宙観” が表されています。


しかし、そういった世界観を捨てて、シンギングボウルを “楽器” と捉えた、シンプルな(ノーマルタイプ)のシンギングボウルというものも販売されています。


 

 こちら >> シンプルシンギングボウル 8.2cm / ヒーリング楽器
     >> シンプルシンギングボウル 9.7cm / ヒーリング楽器
     >> シンプルシンギングボウル 14.7cm / ヒーリング楽器

 ショップはこちら >> インド雑貨・アジア雑貨-TIRAKITA


何の模様も施されていない “金属だけのシンプルなシンギングボウル” で、“音” に重点をおいて作られているのだそうです。

シンギングボウルを楽器として使いたい人向けの商品ですが、それでも、音を奏でられるようになるにはそれなりの時間を要するとのことです。


あの “からだ全体” に響き渡るような不思議な音を、是非とも “自分の手で” 奏でてみたいものです。

 ▼ シンギングボウル取扱いショップが検索できます

商品名・キーワード:





posted by おは子 at 15:02| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする