楽天市場

2019年04月30日

堂島ロール

ついに、“平成最後の一日” となりました。

朝から、各チャンネルでは、平成の歴史を振り返る企画が放送されています。


そして、それらの放送の中で、“平成を代表するスイーツ” のひとつとして、モンシェールの「堂島ロール」のことが取り上げられていました。


 
 堂島バニラロール


いわゆる “ロールケーキ” ですが、それまでのロールケーキが “渦巻き型” であったのに対し、

 


この堂島ロールは “ひと巻き型” になっていることが、大きな特徴でした。

 


堂島ロールの登場により、以降に発売されるロールケーキの多くが、逆に “ひと巻き型” になったほどです。

 プレミアムロールケーキ.jpg
 (画像:「ウチカフェ|ローソン研究所」より)


そしてさらに、今日の放送ではじめて知った “事実” があります。

実は、この “ひと巻き型” は “意図して” 行ったものではないということです。


モンシェールのオープニングセールの際、(予想以上に)多くの人が集まったため、スポンジ作りが間に合わなくなってしまったのだそうです。

そこで、苦肉の策として、スポンジを半分に切って、“ひと巻き” で提供したのが、この形のはじまりということでした。

結果的に、同様の時間で2倍の量を生産することができるようになり、一台ブームにさらに拍車をかけたとのこと。


個人的には、このエピソードは、“創作的な” 部分もあるのではないかと思っているのですが、堂島ロールの誕生により、今のような “クリーム中心” のロールケーキを多く誕生させる結果となったことは間違いありません。


これは、堂島ロールに “感謝” です。


私は子供の頃から、ケーキのスポンジ部分でお腹がいっぱいになってしまい、いつもシュークリームのような “クリーム中心” のものを食べていたからです。



楽天市場

posted by おは子 at 15:31| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする