豊洲市場ドットコム

2019年02月15日

映画 貞子

「リング」の続編映画『貞子』が、5月24日に公開になるようです。


 

 こちら >> 映画『貞子』|5.24公開


予告編には

  池田エライザ 主演
  原作 鈴木光司『タイド』
  監督 中田秀夫
  脚本 杉原憲明

とあります。


私は、はじめにこの映画のことを知ったとき、「きっと『リング』のリメイク版が製作されるのだ」と思いました。

ところが、そうではなく、『タイド』を原作とした「続編」なのです。


そしてそれは、「完結編」とでも呼ぶべき内容です。


原作の通りに映画化されるならば、映画『貞子』では、“衝撃の事実” が明かされることになります。

「よくぞ今まで黙秘をおし通してこれたな」という内容です。


映画の公開は5月ですが、原作である『タイド』を読むと、当然ながら、その “衝撃の事実” は明らかになります。


 

 こちら >> タイド (角川ホラー文庫)


映画を観る前に読むべきか、読まないべきか、それは各自の自由です。


「読まずに、映画も観ない」という選択肢も有りだと思います。

それぐらい “衝撃的な事実” です。


「リング」が好きで、何度も観ている(読んでいる)人でも気付かないのではないでしょうか。
(「ループ」まで読んでいる人は、少し気付くかもしれません。)


ちなみに、「BOOK」データベースには、『タイド』の内容について、次のように記載されています。


高山竜司、二見馨という二人の男の人生を生きた記憶を持つ、予備校講師の柏田誠二は疑問を抱えていた。おれは何のためにこの世界にいるのか…。謎の病に伏した少女を介し受け取った暗号に導かれ、伊豆大島に渡った柏田は、『リング』という本に記された竜司の行動を追うことで、山村貞子の怨念の起源を知る。自らの使命を自覚する柏田だったが、時を越え転生した貞子の呪いに身体を蝕まれ…。新「リング」シリーズ第2章!


ここで、「二見馨って誰?」という人もいるかと思いますが、二見馨は鈴木光司の小説『ループ』の主人公の名前です。


 

 こちら >> ループ (角川ホラー文庫)


その二見馨と高山竜司の両方の “記憶“ を持つという柏田誠二が、映画「貞子」の主人公。

ネタバレ的なことは書きませんが、ここに作品を解く鍵があります。


映画での、柏田誠二の配役は誰になるのでしょうか?


・・・とても気になるところです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電子書籍】
タイド[ 鈴木 光司 ]

価格:514円 (2019/2/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電子書籍】
ループ[ 鈴木 光司 ]

価格:499円 (2019/2/14時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】初限)リング コンプリートBOX 【DVD】DVD/邦画ホラー
価格:5712円(税込、送料別) (2019/2/14時点)


ラベル:映画 リング 続編
posted by おは子 at 09:46| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする