豊洲市場ドットコム

2019年01月30日

KAPLAブロック

「KAPLAブロック」という子供向けの知育玩具(木のブロック)が、とてもおもしろそうです。

 
 こちら >> KAPLAブロックとは|カプラジャパン公式ホームページ


KAPLAブロックはすべて同じ大きさに作られています。


 KAPLAブロック.png


その比率は、1:3:15

ですから、横にして15枚重ねると、ちょうど縦の長さと一緒になります。

  KAPLAブロック_02.jpg


横の長さは、3枚重ねた高さと一緒です。

  KAPLAブロック_03.jpg


KAPLAブロック の遊び方(ルール)は、この黄金比率の木の板を、他の部品を一切使うことなく、縦や横にして積み重ねていくことです。

  


また、KAPLAブロック の魅力は、その形や大きさだけではありません。


各ブロックは、フランス海岸松(かいがんしょう)という特別な木材から作られています。

木目が美しく、手触りも良いことが特徴ですが、一番の大きな特徴は、木と木どうしが “まるで磁石でも入っているかのように” 吸い付いて、とても積み上げやすくなっていることにあります。


 KAPLAブロック04.jpg
 (画像:「KAPLAブロック 「高さ積み」|カプラジャパン公式ホームページ」)


これは、フランス海岸松の持つ「滑り止め効果のある “マツヤニ” が、流出せずに、中に留まり続ける」という性質にその理由があります。


こういったシンプルな仕組みを利用して、KAPLAブロック をタワーや乗り物など “自分が作りたい形” に積み重ねていくことは、集中力と創造性、そして右脳の発達に大きな効果をもたらします。


 


私はこの KAPLAブロック のことは、フジテレビの『ノンストップ!』という番組の「虻ちゃんが行く!」のコーナーで知りました。


虻ちゃんこと虻川美穂子が、基本形である “グラスの形” に始まり、“大きな球体のあるタワー(フジテレビ社屋?)” を作る過程を見ていると、

 「たしかに、これは大人でもハマってしまう」

ことがよくわかります。


子ども向けの知育玩具ですが、「大人のストレス解消」「老人のボケ防止」などにも良いのではないでしょうか?


posted by おは子 at 15:04| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする