楽天市場

2018年11月27日

ペヤング カップ焼そば専用ホットプレート 焼きペヤングメーカー

ペヤングのカップ焼そば専用のホットプレート「焼きペヤングメーカー」の開発が進んでいるそうです。
 
 こちら >> ペヤング 焼きそばメーカー KDEG-001Wリコメン堂キッチン館


ペヤングの発売元である「まるか食品株式会社」との公式コラボアイテムで、通常はお湯を入れて(&捨てて)作る「ペヤングやきそば」を “麺をふやかしながら炒める” ことができるようにと開発された商品とのこと。

詳細(クラウドファンディングサイト)は、現在公開準備中とのことで、まだ分からないのですが、生活家電情報サイト『家電 Watch』の方に大まかな使い方を示した図がありました。


 焼きペヤングメーカー02.png
 (画像:「家電 Watch」より)


ある程度の年齢の方であればお気づきのことと思いますが、この作り方は、画期的なようでいて、実は、“昭和の時代” に既に存在していたものです。

現在も販売されていますが、カップ焼そばが発売される前のヒット商品であった “袋麺のインスタント焼そば(日清焼そば)” の作り方が、まさにこの方法でした。


  日清焼そば.png


違っている点と言えば、「焼きペヤングメーカー」では火を止めてからソースをからめるようになっていますが、「日清焼そば」では、途中でソース(粉末)を加えて、水分を蒸発させながら、ソースを麺に染みこませていたのです。

そして、この作り方は、たしかに “とても美味しかった” ことを記憶しています。
(ただ、作った後にフライパンを洗わなければならないところが難点でした。)


そういう意味では、この作り方自体は決して新しくはありませんが、専用のホットプレートにしたというところが、画期的です。

しかも “Wフッ素樹脂加工” が施され、焦げ付きにくくなっているというのですから、これは “素晴らしい” です。


発売が決定したならば、是非とも「ペヤングやきそば」だけでなく、このホットプレートを使って、本家の「日清焼そば」も作ってみたいものです。


  


きっと、美味しいに違いありません。


posted by おは子 at 15:07| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする