豊洲市場ドットコム

2018年11月26日

TINY ARCADE 実際にプレイできる超ミニサイズのアーケードゲーム機が日本に逆上陸

『アキバ総研』の記事に以下のようなものがありました。

ハピネットは、スーパーインパルス社(本社:香港)のミニ筐体ゲームシリーズ「TINY ARCADE(タイニー アーケード)」第1弾の4タイトル(「パックマン」「ギャラクシアン」「ギャラガ」「ディグダグ」)を、2019年3月下旬より日本国内にて独占販売すると発表した。
(「アキバ総研:TINY ARCADE が2019年3月下旬発売決定」より)


TINY_ARCADE.jpg


「TINY ARCADE」は、高さがわずか「3cm」という “超ミニサイズ” のアーケードゲーム機です。

実際にプレイすることもできます。


香港に本社を持つ『スーパーインパルス社』が、正規にライセンスを取得し、製造したものです。


その現在のおもなラインナップは以下の通り。


Tiny Arcade Pac-Man<タイニーアーケード パックマン>
 

Tiny Arcade Space Invaders<タイニーアーケード スペースインベーダー>
 

Tiny Arcade Galaxian<タイニーアーケード ギャラクシアン>
 

Tiny Arcade Dig Dug<タイニーアーケード ディグダグ>
 

Tiny Arcade Galaga<タイニーアーケード ギャラガ>

  

など


これらのラインナップから、「パックマン」「ギャラクシアン」「ギャラガ」「ディグダグ」の4タイトルが来年の3月に “日本に逆上陸” されるというのです。

価格は 2,480円(税抜)を予定しているとのこと。


 TINY_ARCADE_03.jpg

ふだんはキーホルダーになる位にとても小さいのですすが、実際に指で操作して遊ぶことが出来るという “優れもの” です。


 TINY_ARCADE_02.png


「3月まで待てない」という人は、並行輸入品もあるようなので、探してみるのもよいかもしれません。





 

posted by おは子 at 16:53| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする