豊洲市場ドットコム

2018年10月23日

消防ホース 再生バッグ

産業廃棄物として捨てられる「消防用ホース」を再利用(再生)した “バッグ” があるという話を聞きました。


 こちら >> らうらうじ-second hose-(消防用ホースのバッグ) について


消防ホースは、火災から我々を守る大切な役目を担っていますから、少しでも傷がついていたり、厚みが違っているものは “規格外品” としてすぐに廃棄されます。

また、規格品として出荷されたホースも、ある程度の年数が経ったものは “経年劣化” のことを考え、9割以上が “一度も使われないまま” 廃棄されてしまうのだそうです。


 廃棄消防ホース.jpg


その一方で、この消防ホースに使われている素材はと言うと

 ・カッターの刃などでも傷つけることが出来ない位に頑丈(耐久性がある)
 ・高い防水性がある

といった特徴を併せ持つ “非常に優秀な” 素材なのです。


この素材に目をつけたのが、大坂のメーカーです。

 読売新聞270524.jpg


これらの廃棄ホースを「消防ホース 再生バッグ」として復活(リユース)させました。


ショルダーバッグやトートバッグなど、様々な形のバッグが発売になっています。

  
  


さらには、バッグ以外にお財布やブックカバーなどもあるそうです。

  


見た目は意外とカラフルで、お洒落な感じもあり、なおかつ “とても丈夫” なのですから、日用品としてもなかなか良いのではないでしょうか。


ラベル:消防 再生 バッグ
posted by おは子 at 15:39| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする