楽天市場

2018年09月24日

写経えんぴつ

『所さん お届けモノです!』というテレビ番組に、銀座の路地裏にある「五十音」という “鉛筆とペンの専門店” が登場しました。


“ビルとビルのすき間” を入って行くような感じのところにある小さなお店です。

 五十音_地図.png
  (地図:「ボールペンと鉛筆の店 五十音」より)


これは、知らなければ絶対に行かないようなところです。


店内には、店主が世界中から集めたという鉛筆やボールペンなどが、並んでいます。

そして、そのお店のオリジナル商品で、番組で紹介されていたものが「写経えんぴつ」というものです。


 写経えんぴつ.jpg

 こちら >> 五十音の写経鉛筆5本 | 五十音バスケット


名前の通り、“写経” を目的として作られた鉛筆です。


他の鉛筆と何が違うのかというと、芯の硬さが “10B” と、かなり軟らかいのです。

芯が軟らかいことで、“とめ” や “はらい” などの丁寧な筆遣いができます。


同じようなものが、三菱鉛筆からは「筆鉛筆」という名前で販売されています。




“写経” というのは、仏教の経典を書き写すことであり、仏陀など歴代の仏教の祖師達の教えを “学ぶ” ことでもあります。

ですから、一字一字を丁寧に、気持ちをこめて書き記すことが必要なのです。


それで、写経には古くから “筆” を用いるのが当たり前とされてきました。


それが、ここ最近になって “鉛筆写経” というものが注目され始めてきたのです。


  


筆を使うことが写経のハードルを上げてしまっているので、まずは、そのハードルを下げようというわけです。


そして、その流行を受けて開発されたのが、この「写経えんぴつ」です。


写経だけでなく、デッザンやイラスト制作などに使用すると、水墨画のような独特のタッチの絵が描けるかもしれないですね。




posted by おは子 at 15:12| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする