楽天市場

2018年07月19日

メダカ

今、“空前のメダカブーム” なのだそうです。

もちろん、あの “お魚” のメダカのことです。


メダカ.jpg


元々は熱帯魚のエサとして販売されていたらしいのですが、そのまま飼育するのがブームとなり、都内の熱帯魚店では去年の2倍近くにまで売上が伸びているのだとか。





メダカの飼育ブームについては、

 @ 種類が多いこと
 A 育てやすいこと

がおもな理由と言われていますが、その他にも

 B 繁殖しやすいこと
 C 心が癒やされること

などの理由もあげられ、現在は、交配を繰り返すことによって飼育用(観賞用)のカラフルなメダカが続々と登場し、500種類にまで及んでいるのだそうです。


 こちら >> めだか物語楽天市場店


値段は一匹100円前後が相場ですが、中には一匹数万円というメダカもいるそうです。


人気の(定番の)品種は、「幹之(みゆき)」「楊貴妃(ようきき)」など。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青幹之メダカ 鉄仮面 2匹セット(死着補償分+1匹)
価格:12000円(税込、送料別) (2018/7/19時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東天光(楊貴妃ひかり)めだか(3匹)
価格:1700円(税込、送料別) (2018/7/19時点)




また、金魚や熱帯魚のように水槽に空気を送り込む必要もないため、飼育する水槽(鉢)について様々なバリエーションが考えられるのも人気の秘密のようです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

睡蓮鉢 メダカ鉢
価格:3810円(税込、送料無料) (2018/7/19時点)



posted by おは子 at 16:05| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする