楽天市場

2018年06月17日

AKB48選抜総選挙 2018 結果

2018年度「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」の結果が出ました。


53rdシングルの選抜メンバーは以下の通りです。

  第1位 松井珠理奈(SKE48) 194,453票
  第2位 須田亜香里(SKE48) 154,011票
  第3位 宮脇咲良 (HKT48) 141,106票
  第4位 荻野由佳 (NGT48) 81,629票
  第5位 岡田奈々 (AKB48) 75,067票
  第6位 横山由依 (AKB48) 67,465票
  第7位 武藤十夢 (AKB48) 62,611票
  第8位 大場美奈 (SKE48) 53,998票
  第9位 矢吹奈子 (HKT48) 51,620票
  第10位 田中美久 (HKT48) 50,175票
  第11位 惣田紗莉渚(SKE48) 48,671票
  第12位 高橋朱里 (AKB48) 48,100票
  第13位 向井地美音(AKB48) 47,485票
  第14位 吉田朱里 (NMB48) 46,837票
  第15位 古畑奈和 (SKE48) 45,688票
  第16位 本間日陽 (NGT48) 39,241票


そして、私の予想は大きくはずれてしまいました。

 以前の記事はこちら >> AKB48選抜総選挙 2018 予想


NGT48推しの私としては、荻野由佳と本間日陽が選抜入りしたことで十分嬉しいのですが、それ以上に、今年の総選挙は、宮脇咲良が可哀相でなりませんでした。


思えば、HKT48のCDデビュー当時、CDショップのオリ特の写真などは、かなり高い確率で宮脇咲良のものであったことを覚えています。


当時封入されていた宮脇咲良の写真
 ↓ (いまだに持っています)

宮脇咲良カード.JPG


この頃から、宮脇咲良はいずれは総選挙で上位を争うメンバーになるであろうことを期待されていたことがわかります。

しかし、それがこのような “辛い戦い” であろうとは、本人はまったく予想していなかったに違いありません。


私個人としては、須田亜香里が2位に入ってくることがまったくの予想外でした。

同じ負けるにしても、せめて2位にして欲しかったという思いでいっぱいです。


開催地が名古屋だからでしょうか。

純粋に、須田亜香里のファンがあまりに強過ぎるのでしょうか。


そして、宮脇咲良は今年の総選挙を最後にするとのことです。

つまり、来年のリベンジはありません。


個人的には、もう一度挑戦して欲しいという気持ちもありますが、二度とあのような悲しい顔を見たくないという思いもあります。


AKB48選抜総選挙は感動的である半面、同時に、かなり残酷です。






posted by おは子 at 00:04| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする