豊洲市場ドットコム

2018年02月16日

とらひめ

タイガー魔法瓶が、低糖質ごはんが炊ける「IH炊飯ジャー<炊きたて>とらひめ(JPE-A10Z)」という炊飯器を発売するそうです。


とらひめ.png

 こちら >> 「とらひめ」でおいしい低糖質生活を|タイガー魔法瓶


このニュースを知ったとき、はじめ私はご飯(お米)を炊くときに糖質をカットしてくれる “画期的な炊飯ジャー” が誕生したのだと思ったのですが、「とらひめ」という専用の食材を使うのだそうです。


このとらひめ自体が、低糖質ごはん(米粒状加工食品)なのです。

タピオカやこんにゃくなどから作られています。


とらひめ02.jpg


その効果はというと

  糖質約47%オフ
  カロリー約50%オフ
  食物繊維約8倍

と糖尿病の人やダイエットを心がける人にとっては、まさに夢のような食材です。


そうなると、気になるのはその味です。

本当にご飯にとって替わるものなのでしょうか。


そこで、タイガー魔法瓶は、“美味しく食べられること” をテーマに、白米と同じ食感になるように火加減などを調整した “とらひめ調理器「IH炊飯ジャー<炊きたて>とらひめ」” を開発しました。

さらに、このとらひめ調理器は、「とらひめ」メニューを備えてはいますが、とらひめ専用ジャーというわけではありません。


とらひめ03.jpg


玄米コース、雑穀米コースなどの健康メニューのほか、白米の炊飯コースもエコ炊き、極うま、早炊きなどの多彩なメニューを備えています。


つまり普通の炊飯ジャーとしても十分素晴らしいのですが、どうしても気になってしまうのは「とらひめが白米の代わりの主食になり得るのかどうか」ということです。


これは、是非とも家電量販店などで試食販売を実施して欲しいものです。


発売日は3月23日。

“結果にコミットする” でお馴染みの「RIZAP(ライザップ)」とも提携し、RIZAPの全店舗でも販売するそうです。


 ↓ 通販サイトと現在の価格を検索 ↓

商品名・キーワード:



さらにRIZAPでは、とらひめを使った「RIZAP 低糖質米プログラム」も実施されるとのことです。




1日4粒の新習慣で、お腹の脂肪を減らす方法【初回980円】>>詳しくはこちら

posted by おは子 at 10:29| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする