豊洲市場ドットコム

2018年01月25日

お金をかけずに暖かくする方法

現在、48年ぶりの最強寒波が日本列島を襲っているのだそうです。

北海道の喜茂別町で−31.3℃を観測し、東京でも−4℃を観測したとのことです。

さらに気象庁は水道管の凍結・破裂による被害を想定し、33年ぶりの「低温注意報」を発表しました。


 ▸ 水道管が破裂! | 水道救急センター


水道管が凍結し、破裂しないようにするためには、少しだけ開けてちょろちょろと水が流れるようにしておくと良いのだそうです。


そして、今朝の『ノンストップ!』(フジテレビ)によると、この寒さは4月まで続くということで、この寒波に対抗するための「お金をかけずに暖かくする方法」というものが紹介されていました。


その方法というのは、「湯たんぽ」を使うというものです。





組み立てた段ボールを横向きにして置いて、その中に湯たんぽをセットし、足を挿し入れるのだそうです。

このときに段ボールの開いている側にプチプチシートなどでカーテンを付けると、より効果的なのだとか。


昔からある 湯たんぽ ですが、実は保温性にとても優れていて、90℃のお湯を入れてから24時間経っても温度は40℃までにしか下がらないのだそうです。


また最近は、お湯を入れる必要のない “充電式(蓄熱式)” の湯たんぽなども発売されています。





ただしこちらは、熱湯を入れるわけではないので、熱持続時間は3〜6時間とそれほど長くはないようです。


さらに、はじめから足を挿し入れることを想定して “靴” の形をした “足湯タイプ” のものも発売されています。





こちらは、ぷにぷにとした触感が何だか気持ち良さそうですね。

足湯に入っている気分になれそうです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本製 SGマーク】マルカ 丈夫な金属製湯たんぽ
価格:1480円(税込、送料別) (2018/1/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

湯たんぽ ECO−TANPO 充電式湯たんぽ
価格:1400円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用 足湯
価格:10980円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)


posted by おは子 at 15:41| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする