豊洲市場ドットコム

2017年12月31日

おせち 祝い箸 お屠蘇

今年も残すところ、あと一日です。

明日はお正月を迎えるわけですが、このお正月は、伝統的には “年神様” をお迎えする期間(行事)のことを言います。


一般的には、1月7日までがお正月なのだそうです。


お正月には「おせち」を食べますが、おせちは、お正月の忙しい時期に女性を休ませるという意味から、日持ちがよく、冷めても美味しいものが集められています。

しかしこれも、行事的には “年神様に休んでもらう” という意味があるのだそうです。


おせち.jpg


また、そのようなことから、おせち料理には、語呂合わせなどの意味を持ったものが多いのです。


 ・ごまめ ⇒ 五万米 ⇒ 豊作を祈る
 ・かずのこ ⇒ 数の子 ⇒ 子孫繁栄を祈る
 ・栗きんとん ⇒ 栗金団(金の布団) ⇒ 金運を祈る


などです。


そして、このおせちを食べるときには、「祝い箸」と呼ばれるお箸を使います。




両側が細くなっており、どちら側でも使用できるようになっている “両口箸” です。


私は、このお箸を、片側はおせちを取るのに用い、もう片方を食べるときに使うものだとずっと思ってきたのですが、実は、片方は “年神様が使う” のだそうです。

ですので、実際には片方しか使ってはいけないのです。


そして、「お屠蘇(とそ)」。




私は、このお屠蘇も、屠蘇器と三つ重ねの盃を用いて、気分良く “日本酒” を飲んでいるだけだとずっと思っていました。


しかし、実際には(正式には)違うようです。


「屠蘇散」という生薬をみりんや清酒などに浸け込んだ、一種の “薬膳酒” のようなものを飲んでいるのだそうです。

そうすることで、これまでの邪気を祓い(屠り)、新たな魂を蘇らせるという意味があるとのことです。


そして、飲み方も目上の人から順番に飲み、なおかつ、三回に分けて飲むなど、細かなルールがあるようです。


これは、何だか面倒くさそうですね。


posted by おは子 at 12:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする