豊洲市場ドットコム

2017年07月31日

ハピロール

「ハピロール」という商品(調理機器)があるそうです。


【ハピロール DHRL-17BR】


今、話題のロールアイスが自宅で作れるプレートです。


日本初のロールアイスの専門店が先月原宿にオープンし、連日の大行列であることはご存知の通りです。

そして、そのロールアイスが自宅で作れる調理機器が早くも販売されているというので、少々驚きです。


この「ハピロール」の使い方は次の通り。

  @逆さにして冷凍庫で12時間冷やす
   (表面温度がおよそマイナス20度になります)
  A冷凍庫から取り出し、“アイスの素” をかける
  B伸ばして、固まるまでしばらく放置
  Cヘラで巻き取り、ロールアイスの形にする


ハピロール.png


文字で書くと、簡単そうですが、個人的には意外とハードルが高いように感じます。


商品の大きさは、直径30cm、高さ6.2cmということですので、これはフライパンの取っ手がなくなったぐらいの大きさです。

この大きさのものを冷凍庫で冷やすというのが、まず第一のハードルです。


冷凍庫には、冷凍保存したご飯やパン、そして冷凍食品がぎっしりと詰まっているからです。

まずは、これらの食材を処分してスペースを空けるところからスタートしなくてはいけません。


そして、次のハードルが、「ヘラで巻き取り、ロールアイスの形にする」という部分です。

はっきり言って、うまく巻き取る自信がありません。


いざこのプレートを購入してみて、うまく出来なかったときのショックは、かなり大きいのではないでしょうか。





一応、ロールアイスがうまく作れない人のために、ただ混ぜるだけの “シャーベット作り” という救済策も設けられてはいるようですが・・・。


ただし、フルーツの缶詰めなどを投入することで、何でもシャーベット状にしてしまうところは素晴らしいと思います。

これで “お酒のシャーベット” なども簡単に作れそうですね。



posted by おは子 at 12:17| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする